立教大学

NEWS

2016.09.26

Global Open Campusが行われました。

2016年8月3日(水)に本学池袋キャンパスで開催されたGlobal Open CampusにてGLAPの説明会および体験授業を行いました。
それぞれ、午前・午後に2回ずつ実施し、説明会には合計約240名の方々に参加いただきました。
説明会後には、体験授業として、“University Education in the World”の授業の一部を本学在学生と一緒に受けていただきました。
“University Education in the World”は、次年度からのGLAPでの開講に向けて、本年度から先行実施している科目で、米国トリニティ大学のアンヘル・B・ペレス教授により、「リベラルアーツ」「高等教育」をテーマに全て英語で行われました。

体験授業について

“University Education in the World”

こちらから シラバス(講義内容)を閲覧できます。

講師:Prof. Angel B. Pérez, Trinity College

(アンヘル・B・ペレス教授、米国トリニティ大学 入学・学生指導担当副学長)

米領プエルトリコ出身。スキッドモア大学卒業、コロンビア大学大学院修士課程およびクレアモント大学院大学博士課程修了、教育学博士(高等教育)。大学卒業後は母校であるスキッドモア大学やペース大学、ニューヨーク市教育局、クレアモント・マッケンナ大学およびピッツァー大学での要職を経て、2015年より現職。国際教育や高等教育における機会均等の問題をテーマに、一貫して教育研究活動に取り組んでおり、講演や著作も多数。本年度は立教大学の特別招聘教員として、夏季集中講義“University Education in the World”を担当する。

体験授業参加者の声

アメリカのリベラルアーツについての授業を受け、もっとリベラルアーツについて学びたいと思いました。授業内容も分かりやすく、教授との距離も近く、立教のGLAPに入学できた時の授業のイメージをつかめました。これからTOEFL iBTのスコアを上げてGLAPの一期生になれるように頑張ります。(高校3年生・東京)
教授の話すアメリカでの大学教育システムの発達や変化はとても分かりやすく、具体例なども用いていて、GLAPに入学したいという希望がより増した。立教生が実際に受けている授業を体験できたことは、受験前の本当に良い機会だったと思った。(既卒)
少人数教育のクラスで教師との距離が近く、授業内容が頭に入りやすかった。コミュニケーションをとることができる環境が整っていることから自分自身の積極性が上がり、クオリティを高めることができることに関心を持った。(高校3年生・カナダ)
本格的に英語で授業をしていて魅力的でした。先生が受講生たちに質問を投げかけていて、一方的なレクチャーではなく、activeに学べる授業スタイルだと思いました。楽しかったです。(高校3年生・東京)
外国人の教授による授業だったので、内容が難しいかもしれないと思ったけれど、ゆっくり話してくれて聞き取りやすかった。少人数クラスの授業だったので、質問を自由にできる点が良いと思った。(高校3年生・北海道)
「教育」というテーマに対して、社会・歴史などのさまざまな観点から学んでいく点が興味深かった。教授のレクチャーもヒントを与えるような形で生徒が自分なりの考えを導き出す必要があり、とても考える授業だと思った。(高校3年生・東京)
少人数での大学教育の歴史的背景やその成り立ちについての授業で、短い間だったが、勉強になった。自分の意見を自ら言うことに対して受講生が積極的であり、大学に入学後の自分の理想像をつかむことができた。(高校3年生・東京)
実際の授業を体験でき、自分の大学生像がはっきりとビジョンでき、とても良かった。分かりやすそうな授業だったので、不安もなく大学生活を送ることができそうだ。今の自分をもっとレベルアップしていこうという意欲にもつなげられた。(高校2年生・東京)
I came to this class to experience Rikkyo’s program that is provided in English. One thing that I’m impressed with is that the class size is small. The students get more chances to involve and to connect with the professor. Additionally, the class also requires original thinking, most of questions don’t have a right or wrong answer, students can express way their own opinions instead of following a stereotype. I wish that I had more time to experience this class. (高校3年生)