公開講演会 質的アプローチによる「信頼」研究のあり方について「Qualitative Approach to Trust Research」

INFORMATION

  • 2018年10月5日(金)18:30~19:40
  • 池袋キャンパス 8号館1階 8101教室

「信頼」は、社会の礎として古来より多くの著名な理論家によって論じられ、長い間研究の対象となり議論されてきた。21世紀になって社会のグローバル化、情報化、リスク化の進展など急激な社会変動に直面し、「信頼」の構築はますます重要となってきている。「信頼」の研究は、1990年代以降、主に欧米において社会学、心理学、政治学、経済学、経営学などの分野で盛んになったが、実証的研究として、計量的研究が主になされてきた。基調講演では、「信頼」研究について現象学や象徴的相互作用理論などを駆使した質的アプローチの有用性について論じる。

講師

ポーランド社会学会会長・ポーランド・ウッチ大学(Lodz University)教授
Krzysztof Konecki 氏

【専攻・分野】
専門分野は社会学。研究領域は質的研究方法、象徴的相互作用理論。

【近年の業績】
-Konecki, Krzysztof T. (2018) Classic Grounded Theory—The Latest Version: Interpretation of Classic Grounded Theory as a Meta‐Theory for Research, Symbolic Interaction, 30 March 2018, early view, https://doi.org/10.1002/symb.361

-Konecki, Krzysztof T. (2017) Standing in Public Places: An Ethno-Zenic Experiment Aimed at Developing the Sociological Imagination and More Besides…, Czech Sociological Review, 6, 881-901.

-Konecki Krzysztof T. (2017) How the University Organizational Culture Is Being Experienced? Phenomenological Studies of Experiencing the Here and Now of the Organization, Polish Sociological Review, 4(200): 485-504.

-Konecki, K. T. (2017). Contemplation for Economists. Towards a Social Economy Based on Empathy and Compassion. Economics and Sociology, 10(3), 11- 24.

-Konecki, K.T. (2017) Qualitative Sociology, chapter 13, in: Kathleen Odell Korgen, ed., The Cambridge Handbook of Sociology. Core Areas in Sociology and the Development of the Discipline. Vol. 1. Cambridge: Cambridge University Press.

-Konecki, K. T., Red. (2016) Emocje i Polityka. Sceny zżycia polskiego parlamentu. Łódź: Wydawnictwo UniwersytetuŁódzkiego.

-Konecki, K. T. (2015) Is the Body the Temple of the Soul? Modern Yoga Practice as a Psychosocial Phenomenon. Kraków: Jagiellonian University Press

同時通訳者

東洋学園大学専任講師
竹内 雅俊 氏

詳細情報

名称

公開講演会 質的アプローチによる「信頼」研究のあり方について「Qualitative Approach to Trust Research」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

平和・コミュニティ研究機構

お問い合わせ

平和・コミュニティ研究機構事務局

イベントレポート