第2回研究セミナー「演劇事象にみられる異文化受容としての翻案・翻訳」

INFORMATION

  • 2018年2月24日(土)13:00~16:00
  • 池袋キャンパス 12号館地下1階 第4会議室

発表者

報告

台湾国立清華大学台文研究所副教授
石 婉舜 氏

「テキストの文脈と文化翻訳:林摶秋作『閹雞』の地方色と風格形式」

【略歴】
日本統治時代台湾における興行、劇場研究。ムーランルージュ新宿座に在籍し、帰国後演劇・映画界で活躍した林摶秋研究の第一人者でもある。その一環として台湾映画研究の業績も多い。

本学アジア地域研究所特任研究員、韓国延世大学講師
洪 栄林

「韓国近代楽劇の発展と変化」

【略歴】
中国演劇専攻。元雑劇など古典戯曲研究と、舞台で上演される中国演劇(特に越劇)研究。2010年代より、韓国では研究の薄かった女性国劇研究に着手、現在は楽劇にまで研究対象を拡げている。

通訳

本学アジア地域研究所所員、異文化コミュニケーション学部教授
細井 尚子

詳細情報

名称

第2回研究セミナー「演劇事象にみられる異文化受容としての翻案・翻訳」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

アジア地域研究所

お問い合わせ

アジア地域研究所

イベントレポート