極小の素粒子から極大の宇宙まで

物理学科・物理学専攻の皆様へのお知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症への対応のため,春学期授業およびガイダンスなどのスケジュールが大幅に変更されました。詳細は下記特設サイトをご覧下さい。

    物理学科特設ページ

    理学部特設ページ


お知らせ バックナンバー

[2020.6.22]
物理学科では助教(主として高エネルギー宇宙物理学の分野)を公募しています。[締切:8月31日]
大学採用ページ][JREC-IN
[2020.5.29]
物理学科教員が編集者・執筆者として参加した「相対論と宇宙の事典」が朝倉書店より6月8日に出版されます。 [編集:小林努教授,執筆:小林努教授,村田次郎教授,横山修一郎・元助教,前田秀基・元助教,宮本雲平・元PD]
朝倉書店][amazon
[2020.5.8]
亀田真吾教授と亀田研大学院生が参加する「はやぶさ2」プロジェクトの研究成果がScience誌に掲載されました。はやぶさ2がリュウグウにタッチダウンした際に撮影した超高解像度画像から得られた成果です。
プレス発表][論文
[2020.5.2]
物理学科新入生歓迎談話会を下記の通り行います。初田助教による新入生向け講演の他,物理学科教員の紹介もする予定です。新入生以外の方も是非ご参加下さい。
 日時:5月7日(木)11:20-12:25
 講演者:初田泰之 助教(理学部物理学科)
 題目:理論物理学の楽しさ[ポスター
 接続方法:Zoomで行います。接続先はここを参照(V-CampusIDでのログイン要)
[2020.5.2]
福原哲哉助教と田口真教授が参加する金星探査衛星「あかつき」研究グループが,長年にわたって大きな謎とされてきた金星大気のスーパーローテーションの維持メカニズムを解明し,その成果がScience誌に掲載されました。
立教大学プレスリリース][Science誌論文
[2020.4.22]
新入生・在学生から寄せられた質問への回答ページを作りました。
[2020.4.25]
春学期開講の選択科目の授業への接続方法のリストを公開しました。物理学科特設ページから開いてください。
[2020.4.18]
4/22-28に物理学科オンラインセミナーを開催します。オンライン授業の練習もかねて,新入生だけでなく在学生・大学院生の方も是非ご参加下さい。詳細はこちら
[2020.4.7]
小林努教授が「令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門」を受賞しました。[PDF
[2020.4.4]
医学物理学副専攻の申請の締切を4月8日まで延長しました。2020年度の登録を希望する方は電子申請が可能ですので,学部事務3課までメールでお問い合わせください。
[2020.3.25]
新型コロナウイルス感染症対応のための特設ページを公開しました。
物理学科][理学部
[2020.3.19]
物理学科の田口真教授・福原哲哉助教が参加している研究チームによる,小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星Ryugu(リュウグウ)の探査活動に基づく研究成果をまとめた論文が,イギリスの科学雑誌Nature電子版に2020年3月16日(日本時間3月17日)に掲載されました。
プレスリリース][論文
[2020.2.25]
3月14日に予定されていた家城和夫教授の最終講義と退職記念パーティーは,新型コロナウィルスの影響拡大のため,延期となりました。今後の予定に関しては,決まり次第このページでお知らせします。
[2020.2.20]
物理学専攻修士論文優秀発表賞が以下の通り決まりました。
 最優秀賞:三嶋 洋介さん
 優秀賞 :佐藤 蒼さん,日暮 凌太さん
表彰は修了式において行われる予定です。おめでとうございます。
2019年度物理学専攻博士前期課程最終試験を下記の通り行います。
 日時:2月19日(水)・20日(木) 10:00 -
 場所:8号館8201教室
 [プログラム
2019年度卒業研究発表会を下記の通り行います。卒研生は両日とも全員参加のこと。卒研生以外の参加も歓迎します。
 日時:1月31日(金)・2月1日(土) 10:00 -
 場所:14号館D201教室
 [プログラム
[2020.1.15]
[2020.2.25追記] 下記最終講義および退職記念パーティーは延期となりました。今後の予定に関しては,決まり次第このページでお知らせします。
家城和夫教授の最終講義および退職記念パーティーを下記の通り行います。詳細はこちら
 最終講義
  題目:立教での33年
  日時:3月14日(土)15:30〜
  場所:マキムホール2階M201教室
 退職記念パーティー
  日時:3月14日(土)18:00 - (受付開始:17:30)
  場所:立教大学第1食堂1階ホール
  申込:こちらから申込が必要です[申込締切:2月28日]
大学院説明会を下記の通り行います。大学院進学を検討している学生(主に3年生向け)は参加してください。
 日時:1月14日(火)15:00 -(卒研説明会終了後)
 場所:8号館8101教室
[2019.12.23]
2020年度卒業研究説明会を下記の通り行います。来年度卒業研究を履修予定の学生は全員出席のこと。
 日時:1月14日(火)13:25 - 15:00
 場所:8号館8101教室
卒業研究配属に関する詳細は,12月20日17:50頃と12月21日20:40頃に卒研主任(中山)から届いたメールを参照のこと。
[2019.12.18]
家城和夫教授の最終講義および記念パーティーを2020年3月14日(土)午後に立教大学内で行います。詳細は決まり次第このページでお知らせします。
[2019.12.13]
2020年度より医学物理学副専攻の指定科目が変更になります。詳細はこちら
[2019.12.05]
彌永亜矢さん(小林研D2)が,The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan (JGRG29) のJGRG Presentation Awards (Gold Prize)を受賞しました。[写真
[2019.11.21]
Dmitry Khangulyan研究員,内山泰伸教授および内山研究室の大学院生(荒川真範さん,岩崎啓克さん,辻直美さん)が参加する国際共同実験プロジェクトH.E.S.S.チームが,宇宙最大の爆発現象である「ガンマ線バースト」から世界で初めて超高エネルギーガンマ線放射の検出に成功し,その成果をNature誌に発表しました。
立教大学プレスリリース][論文
[2019.11.18]
内山泰伸教授,Dmitry Khangulyan研究員および内山研究室の大学院生(荒川真範さん,岩崎啓克さん,辻直美さん)が参加する国際共同実験プロジェクトH.E.S.S.チームが,1054年に観測された超新星爆発の名残である「かに星雲」が放つ超高エネルギーガンマ線の空間的広がりの測定に世界で初めて成功し,その成果をNature Astronomy誌に発表しました。
立教大学プレスリリース][論文
[2019.10.28]
田口真教授,福原哲哉助教が参加している「あかつき」中間赤外カメラグループが,金星の夜側の雲の動きの可視化に世界で初めて成功しました。
 詳しくはこちら(立教大学プレスリリース)をご覧ください。
[2019.10.26]
大学院生の佐和弘祥さん(平山研究室D3)が日本物理学会の2019年秋季大会日本物理学会学生優秀発表賞を受賞しました。
[2019.9.24]
2019年度秋学期コーヒーアワーの日程を掲載しました。
[2019.9.3]
2019年度第49回天文・天体物理若手夏の学校において,下記大学院生がオーラルアワードを受賞しました。
 三嶋洋介さん(小林研M2) 重力・宇宙論分科会 オーラルアワード1位
 池田拓人さん(小林研M1) 重力・宇宙論分科会 オーラルアワード3位
 日暮凌太さん(内山研M2) 星間現象分科会 オーラルアワード1位
 間仁田侑典さん(元立教大,現京大院)重力・宇宙論分科会 オーラルアワード2位
[2019.4.30]
物理学科談話会を下記の通り行います。学生の皆様の参加をお待ちしています。
ポスター
 題目 :Event Horizon TelescopeによるM87の巨大ブラックホールの直接撮像
 講演者:水野陽介氏(フランクフルト大学研究員)
 日時 :5月20日(月)17:10 -
 場所 :太刀川記念館3階多目的ホール
水野氏は,世界で初めてブラックホールの撮像観測に成功した国際協力プロジェクトのメンバーです。
[2019.4.1]
物理学科亀田真吾教授,福原哲哉助教,田口真教授が参加している「はやぶさ2」プロジェクトの研究成果が,Science誌の表紙になりました。
Science誌4/19号目次][Science誌4/19号表紙][読売新聞
[2019.4.1]
大学院修了式において2018年度修士論文発表優秀賞の表彰式が行われました。
写真
[2019.4.1]
亀田真吾教授,福原哲哉助教,田口真教授が参加している「はやぶさ2」プロジェクトの成果がScience誌に掲載されました。
  • The geomorphology, color, and thermal properties of Ryugu: Implications for parent-body processes(亀田教授,福原助教,田口教授)
  • Hayabusa2 arrives at the carbonaceous asteroid 162173 Ryugu—A spinning top–shaped rubble pile(亀田教授)
  • The surface composition of asteroid 162173 Ryugu from Hayabusa2 near-infrared spectroscopy(亀田教授)
  • [2019.2.22]
    「はやぶさ2」に搭載された光学航法カメラ(ONC-T)を開発した亀田真吾教授のインタビューが放映されました。
    TBSニュース][解説(大学HP)][JAXAプレスリリース
    [2019.2.21]
    物理学専攻修士論文優秀発表賞が以下の通り決まりました。
     最優秀賞:長田直也さん
     優秀賞 :谷田部史尭さん,富川慶太郎さん
    表彰は修了式において行われる予定です。おめでとうございます。
    [2019.2.17]
    アメリカ物理学会が出版するPhysical Review 誌に掲載された原田知広教授らによる論文が,「Editor's Suggestion」に選ばれました。
    Highlights][当該論文
    [2018.10.25]
    小林努准教授が第33回西宮湯川記念賞を受賞しました。この賞は理論物理学における研究を奨励するため,40歳未満の若手研究者による顕著な業績に対して授与されるものです。 [大学HP][西宮湯川記念賞][第33回西宮湯川記念賞受賞者
    [2018.6.19]
    亀田真吾教授と亀田研の学生が開発をした「はやぶさ2」の光学航法カメラONC-Tが目的地である小惑星に近づき,「リュウグウ」の形状を明らかにしました。もう少しで到着です!
    240-330 kmから見たリュウグウ(JAXA)]
    700 kmから見たリュウグウの自転のようす(JAXA)]
    [2018.5.17]
    元理学部ポストドクトラルフェローの長 勇一郎さん,亀田真吾教授と亀田研の大学院生(堀内美沙さん,芝崎和夫さん)が Applied Spectroscopy 誌に発表した論文が,2017年のEditors' Choiceに選ばれました。
    Editors' Choice][発表論文
    [2018.4.20]
    福原哲哉助教,田口真教授と田口研究室の学生(山田武尊さん,林谷茜さん,高村真央さん)が Earth Planets and Space誌に発表した論文が,2017年 Highlighted Papers に選ばれました。
    Highlighted Papers][発表論文
    [2018.4.20]
    先端科学計測研究センターの武井大研究員が参加する国際共同研究グループが,X線自由電子レーザー施設「SACLA」を用いて金属薄膜試料表面に針状微細構造の形成に成功し,その形成過程を明らかにしました。
    理化学研究所プレスリリース][発表論文(Applied Physics Letters)
     

    Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)