トップ » 大学院情報 / 文学研究科 » 日本文学専攻

文学研究科/日本文学専攻


日本とは何か? 文学とは何か? を究める
世界に開かれた文学を求める 

21世紀を生き抜く糧とするために日本の文学から叡知を学びます。現代の文学とともに過去の優れた古典文学を今日に甦らせ、その意義を掘り下げます。文学による自らの〈世界〉の創造をめざし、世界における日本文学の位置や役割を探求します。

専攻のポイント

◎日本文学と日本語学の高度な研究
古代から近現代に至る、日本文学の全領域と日本語学の高度な研究をめざします。研究領域の拡大を積極的に行い、学問の新たな地平を切り拓く方法論を常に模索しています。 

◎専門性の高い多様な人材を育成
日本の文学・言語に関する、幅広い関心を受けとめる専攻分野の教員で構成されています。教育職・研究職から専門知識をもった職業人まで、多様な人材を育成します。

◎独自に海外の大学と協定
本専攻では、独自にコロンビア大学(アメリカ)、韓国外国語大学、北京日本学研究センターとの協定を結んでいます。

日本文学専攻専任教員/研究テーマ

  • 石川 巧(ISHIKAWA Takumi) 教授
  • 近代文学・現代文学を中心に幅広く扱っている。近年の研究テーマは、①占領期の雑誌出版、②近代文学と「国語」の関係に関する研究、③高度経済成長期のメディアと表現、④菊池寛、川端康成を中心とする大正後期から昭和期にかけての小説研究、⑤探偵小説・ミステリー(江戸川乱歩、松本清張など)、⑥文学としての戯曲などである。
  • 金子 明雄(KANEKO Akio) 教授
  • 研究領域は近現代日本文学。具体的なテーマとしては、①明治30年代から大正期におけるメディア状況と文学、②家庭小説の読者論的研究、③芸術としての文学ジャンルの成立期の文学史的研究、④物語論を中心とする文学理論および小説の方法論、⑤現代小説と現代の文化状況の関連性、など。
  • 加藤 睦(KATOU Mutsumi) 教授
  • 平安時代・鎌倉時代の和歌を中心とする古典文学を研究テーマとする。和歌・歌集の作品論的・注釈的研究と、歌論研究を主たる領域とするが、物語・日記文学などに含まれる和歌をも扱っている。
  • 井野 葉子(INO Yoko) 教授
  • 源氏物語を中心とする平安文学を研究している。具体的には、源氏物語を中心的な考察対象として、先行作品の引用の方法を考える引用論、和歌言語の役割を探求する歌ことば表現論、作中人物について論じる人物論、鍵語から読み解く主題論や作品論、文法という切り口から微細なニュアンスを分析する表現論などを行っている。
  • 沖森 卓也(OKIMORI Takuya) 教授 ※2017年度末退職予定
  • 日本語学、中でも日本語の通時的研究および日本語史を研究テーマとする。特に、古代語を研究対象とし、表記・音韻・語彙をはじめ全般に関心をもっている。また、ことばの意味記述や辞書にも興味をもっている。
  • 鈴木 彰(SUZUKI Akira) 教授
  • 日本中世文学を研究テーマとする。軍記物語、歴史叙述、説話、芸能、絵巻などをとおして、中世文芸の受容と変容・再創造にかかわる動態の解明を試みている。また、薩摩・琉球などの地域の文化・文芸環境や、戦争と文学の関係史の研究にも取り組んでいる。
  • 川崎 賢子(KAWASAKI Kenko) 特任教授
  • 近現代日本文学・文化。1.江戸川乱歩、久生十蘭、夢野久作など雑誌『新青年』のモダニズム、2.戦時下・植民地・GHQ占領期における文化(文学・映画・演劇・芸能)の越境、3.尾崎翠、吉屋信子など脱異性愛的なジェンダー、セクシュアリティ表象についての研究など。
  • 水谷 隆之(MIZUTANI Takayuki) 准教授 ※2017年度研究休暇
  • 日本近世文学を研究テーマとする。浮世草子や俳諧を中心に、散文・韻文にかかわらず近世文学全般を広く研究対象としている。また、近世出版メディアや遊女評判記など周辺諸ジャンルについての研究をも行っている。
  • 原 克昭(HARA Katsuaki) 助教
  • 日本古代・中世を中心に前近代の日本文学・思想史を研究テーマとする。日本神話をめぐる享受史・変容と再構築の諸相、および日本漢文にまつわる学問・注釈活動も視野に研究をしている。

日本学研究所における活動

日本文学専攻と史学専攻を中心にして、日本学研究所を運営しています。
毎年1回、公開シンポジウムを開催し、内外から多数の参加者を得て、大きな成果をあげています。その他、定例のセミナーも行っており、日本文学を多角的・国際的な視野のもとで探究しつづけています。

関連情報(オリジナルホームページ、研究科、学会)

このページのトップへ