文学研究科/史学専攻


過去を究め、未来を切り拓く。そこに歴史家の特権がある。

歴史へのまなざしは、私たち人間のいま、そして行く末も見すえます。
正しく史実を探り、過去の人々の生き方を理解することは、人類の思考と行動の無限の可能性に目を開かせてくれるでしょう。
史学専攻はそんなまなざしをもった人間を育てます。

専攻のポイント

◎歴史学を3つの領域で研究
現代が問う歴史学の課題に、3つの領域(日本史・東洋史・西洋史)に亘る多彩な教授陣で対応します。 各自の個別研究を基礎に、フィールドワークで学際的関心も養います。

◎情報収集・分析・論理的思考、そしてプレゼンテーション
客観的な根拠=史料を示して論理的な考察を行うスキルを身につけます。自己表現の技術を鍛え、社会に貢献していくことも目標です。

◎充実した研究ネットワーク
国内はもとより、中国、韓国、東南アジア諸国から北欧諸国、イギリス、 イタリア、トルコにいたるまで、教員のもつ幅広いネットワークが研究を助けます。

史学専攻専任教員/研究テーマ

  • 佐藤 雄基(SATO Yuki) 准教授
  • 日本中世史、とくに中世史料論・法社会史・史学史を専門とする。①文書の作成・利用・伝来という流れに注目して、機能論の観点から古文書学・文書論の再検討を進めてきた。②平安・鎌倉期を中心として日本中世の訴訟・紛争解決の実態と概念を問いなおす研究を進めている。③近代の史学史において「中世」史学・古文書の果たした役割、比較史の観点から、中世武家文書を英訳して欧米に紹介した朝河貫一の再検討に取り組んでいる。
  • 後藤 雅知(GOTO Masatoshi) 教授
  • 専門は日本近世史。とくに近世の漁業社会史や地域社会史などを研究している。①近世の房総地域を題材とした漁業社会のありようを、生業・農村との関係・支配のありようなどから検討してきた。②近年では身分的周縁論などの議論にもとづきつつ、海産物の生産・加工と流通など、モノを通した小さな全体史を目指した研究もすすめている。③山野河海における生業や支配のありようを比較検討すべく、山間村落の社会構造についても分析を始めている。
  • 小野沢 あかね(ONOZAWA Akane) 教授
  • 日本近現代史・女性史・ジェンダーを研究テーマとする。①地域社会・民衆生活・国際関係の視点からの大正デモクラシー期〜十五年戦争期における女性運動・社会運動、②近代日本の公娼制度と日本人「慰安婦」問題、③オーラル・ヒストリーの手法を取り入れた戦後沖縄の売買春問題、などを研究している。
  • 沼尻 晃伸(NUMAJIRI Akinobu) 教授
  • 専門は、現代日本社会経済史、大正期~高度成長期の都市や農村を対象として、地域社会の共同性や地方自治体、国家が体現する公共性を歴史的に問い直す研究を進めている。具体的には①日記などの史料を用いての農家の所有・生産・生活諸関係に関するミクロ歴史研究、②高度成長期の都市部における農地や水辺、林野の所有と利用からみた市街地形成に関する研究、③公害対策に関する国家や地方自治体の政策と企業や住民の動向に関する研究がある。
  • 上田 信(UEDA Makoto) 教授
  • 中国社会史ならびにアジア社会論を研究テーマとする。前者では主に中国の明清時代を対象に、都市下層民の生活、親族関係と地域社会との関係、森林と社会との関係などを多面的に分析してきた。後者では海域アジア史・東ユーラシア史という視座から研究を進めている。
  • 弘末 雅士(HIROSUE Masashi) 教授 ※2017年度末退職予定
  • 東南アジア史を研究領域とする。インドネシアに重点を置き、宗教社会史や海洋交易史を主要テーマとする。広域世界秩序と地域社会の形成媒体となった港市の支配者や住民に注目しつつ、近代以降の彼らの役割の変容について研究している。
  • 深津 行徳( FUKATSU Yukinori) 教授 ※2017年度春学期海外研究休暇
  • 東アジア古代史を研究テーマとする。日本、中華人民共和国、大韓民国といった近代国家の枠組みにとらわれず、広く「古代東アジア」という場の中での、諸地域・諸「民族」間の交流の具体像を追求している。
  • 髙林 陽展(TAKABAYASHI Akinobu) 准教授
  • イギリス近現代史、特に19世紀後半から20世紀前半の医学・精神医学の歴史を専門とする。これまでに、精神医学専門職の発展やイギリス医学における痛みの理解について研究してきた。近年は、医学や精神医学の歴史にくわえて、体温計測の歴史を事例とした近代的な身体観の研究をすすめ、また比較史への関心も強めている。
  • 小澤 実(OZAWA Minoru) 准教授
  • 西洋中世史、とりわけ初期中世におけるスカンディナヴィア人の政治的・経済的・文化的活動を専門とする。研究では、ルーン文字で書かれた石碑のほか、ラテン語、古英語、古アイスランド語の文字史料、さらには墓地や船舶等の考古資料も利用する。最近は、西洋中世世界において重要な役割を果たしたイタリア半島の歴史や、遊牧諸民族と中世ヨーロッパ世界との関係にも関心を広げている。
  • 松原 宏之(MATSUBARA Hiroyuki) 教授
  • アメリカ合衆国史、とくに19世紀半ばから20世紀初頭の秩序再編過程の研究を専門にしている。政治史と文化史とを架橋する政治文化史の試みを続けてきた。最近は、1910年代アメリカの「社会衛生運動」の展開をあつかって、「長い十九世紀」の終わりにおけるソーシャルワーカー、医師、社会学者、テクノクラートの主導権争いを追跡した。政治文化史、ジェンダー史、社会政策史、科学史。
  • 浦野 聡(URANO Satoshi) 教授 ※2017年度春学期研究休暇
  • 古代ローマ史ならびにヨーロッパ古代末期史を研究テーマとする。特に、ローマ帝国の社会について、財政、租税制度、生業、位階、宗教、名望家などに着目しながら構造的、かつ動態的に解明することをめざしている。

関連情報(オリジナルホームページ、研究科、学会)

このページのトップへ