文学研究科/教育学専攻


「教育学」とは、人間にとっての根源的な問いを
問い続ける営みそのものである。

「教育とは何か。」
この問いは人間の歴史とともに問われ続けてきており、「人間とは何か」という問いと同じく根源的であると同時に答えのない問いかもしれません。
しかし、答えのない問いを問い続けることで新たな知見を提示していくことにこそ「教育学」という学問の魅力があります。

専攻のポイント

◎広い学問領域での専門性を追求
教育哲学、教育史学、教育社会学、教育心理学、教育方法学、社会教育学、芸術教育などに亘る広い学問領域の中での専門性を追求します。

◎教育現象の分析と方法論の探求
学問を性格づけているのは方法論です。それゆえ方法の探求と同時に、分析という批判的営みを通して新たな知見の獲得を目指すことになります。

◎高度専門職業人や研究者の養成
高度専門職業人養成と研究者養成、社会人および教員の再教育を行います。また学外専門家、実践者との積極的な相互交流があります。

学内外の研究者や他大学の大学院生との交流促進

教育現象は、「今、ここ」の相互行為のなかにも、世界規模の動きのなかにも、見ることができます。ですから大学院生は、一つのテーマについて深く掘りさげていくことと同時に視野を広げていくこともまた求められています。そのために教育学専攻の教員は、学内外の研究者や他大学の大学院生との交流促進のためのさまざまな仕掛けを試みています。たとえば、国際シンポジウムや各種講演会の開催、共同研究の実施など、実に多様な形態の研究活動を企画運営しています。

教育学専攻専任教員/研究テーマ

  • 有本 真紀(ARIMOTO Maki) 教授 ※2017年度春学期研究休暇
  • 歴史社会学の視点から、特に明治期・大正期の学校教育を対象として、各地に残る学校史料を訪ねつつ研究を進めている。とりわけ(1)唱歌が人びとにもたらした「記憶」の意味、(2)子どもに向けられた評価のまなざし、の2点について考察することを課題としている。音楽科教育への実践的な関心からは、小学校音楽科の指導法と評価に関する研究を行っている。
  • 市川 誠(ICHIKAWA Makoto) 教授
  • 比較教育学を研究テーマとし、異なる国や地域の比較検討を通じ、普遍的な示唆の抽出をめざしている。主にフィリピンを研究対象とし、共同研究ではアジア諸国を中心に比較研究を行っている。最近は、トランス・ナショナルなフィリピン人の移動を教育の視点から究明している。
  • 石黒 広昭(ISHIGURO Hiroaki) 教授
  • 乳幼児から学齢期の子ども達を中心に、人間の発達と学習の過程を社会文化歴史的アプローチに立つ心理学の立場から研究している。家庭、就学前施設、学校、障害者施設など、多様な生態学的環境における人々の日常生活実践を継続的に観察し、視聴覚データから相互行為分析や談話分析を行う。人々の発達支援のための理論的、介入的研究も行っている。
  • 伊藤 実歩子(ITO Mihoko) 准教授
  • 教育方法学を専門としている。現在取り組んでいる研究テーマは、ドイツ語圏の教育評価と学力の問題である。PISA以降の同地域の教育評価の動向及びその背景となっている理論や歴史について検討している。また別のテーマとして、日本に長く蓄積されてきた教育実践の検討も行っている。特に社会科の実践や生活綴方の実践に興味を持っている。よい授業とは何か、子どもたちはどのような学力を身につけ、その学力はどのように評価すればよいのか、ということに関心をもっている。
  • 北澤 毅(KITAZAWA Takeshi) 教授 ※2017年度春学期研究休暇
  • 少年非行や犯罪といった逸脱行動についての理論研究をテーマとする。逸脱行動についての理論的アプローチは、原因論(実体論)と相互行為論(関係論)に大別されるが、後者の、なかでもラベリング論や構築主義、エスノメソドロジーといったアプローチから取り組んでいる。また、「いじめ」や「登校拒否」のような教育問題にも、相互行為論的アプローチから分析を試みている。
  • 河野 哲也(KONO Tetsuya) 教授
  • 教育哲学を中心的テーマとする。①「教育とは何か」「教育の目的とは何か」といった教育哲学の根源的な問題を、民主主義社会、リベラリズム、経済と職業の関連で考察する。②特別支援教育。エコロジカル・アプローチを基礎としながら、しょうがいを持った子供や人への支援方法や福祉・教育理念を考察する。③哲学対話、及び、対話による道徳教育。哲学カフェ、哲学コンサルティングなどの対話的教育研究と実践。
  • 前田 一男(MAEDA Kazuo) 教授
  • ①近代日本教育史(特に戦時下国民学校期の教育実践や戦争孤児)②教師文化・教員文化の社会史的研究③教師教育論を研究テーマとする。①では、国民学校を「近代学校」批判の系譜として歴史的にたどること、また教育実践にかかわる歴史的方法論を探究すること、②③では、小学校現場の教育にかかわる諸問題を、教師の日常性の歴史や、教師たちの教職経験から明らかにしていくことを課題にしている。
  • 森田 満夫( MORITA Mitsuo) 教授
  • 人権としての教育の制度的表現である「教育の平等」論が内在する相剋を問うことを研究テーマとする。例えば、なぜ「全国的な教育の機会均等と教育水準の維持向上」の確保(肯定的契機)が、教育の国家統制(否定的契機)をすすめる論理(新教育基本法第16条[教育行政])を導きうるのか?こうした教育と政治をめぐる問いに、歴史的アプローチで取り組んでいる。
  • 中村 百合子(NAKAMURA Yuriko) 教授
  • 図書館および図書館専門職の社会的な役割と意義を、教育学の視点から検討している。特に、学校図書館とその専門職に関心がある。具体的には、20世紀前半における日本とまた米国の学校図書館の理論的発展と専門職の成立に関する研究を進めている。一方で、国際図書館連盟(IFLA)の活動等をとおして、日米を含む諸国の文化、教育と学校図書館の発展の関係性に関しても考察を進めている。
  • 奈須 恵子 (NASU Keiko) 教授
  • 近代日本教育史を研究テーマとする。とりわけ、近代「日本」における対「外」認識の形成を中心として研究を行っている。歴史や地理などの教科教育の歴史に即した分析を行い、例えば 「東洋」と「西洋」、「アジア」という認識がどのように形成されてきたのか、また、そこにはどのような問題があったのかを明らかにすることに取り組んでいる。
  • 下地 秀樹(SHIMOJI Hideki) 教授
  • 教育人間学、教育思想史を研究テーマとする。人間形成の閉塞状況がささやかれる現代において、教育学になお固有の役割があるとすれば何なのか。この原理的課題を掘り下げる第一歩として、近代的ディシプリンとしての教育学の系譜を、N.ルーマンの社会システム理論に依拠して再検討している。
  • 和田 悠(WADA Yu) 准教授
  • 現代日本社会における「市民」形成という問題意識を起点に、「市民主義」と称される思想的潮流を担った戦後日本の知識人による社会を教育する実践や、社会を変革する運動について歴史的な視点から考察し、その社会教育・生涯学習論的意味を解明することを研究テーマとしている。また、シティズンシップ(市民性)教育への実践的な関心から、学校教育における歴史教育実践についての批評も行っている。
  • 渡辺 哲男(WATANABE Tetsuo) 准教授
  • 近代国語教育論の思想史的研究をおもな研究テーマとし、特に1930年代以降のソシュール言語学の日本への流通と国語教育論の影響関係に着目している。近年はさらに時代を遡り、大正新教育期における「芸術」と、国語教育論の関係についての研究を進めている。また、学校現場での指導助言などの経験から、教師が改めて国語教科書のテクストと向き合い、あるいは学習者が国語教科書で「哲学する」ための教材開発に取り組んでいる。

関連情報(オリジナルホームページ、研究科、学会)

このページのトップへ