立教関係者の著作紹介
(2017年度下半期)大学紹介

各種データ 立教関係者の著作紹介

立教大学関係者(教職員・校友・名誉教授)の著作をご紹介します。
※関連リンク先は、時間の経過とともに変更・消去されることがあります。ご了承ください。

立教関係者の著作情報をお寄せください。
立教大学関係者(教職員・校友・名誉教授)の方々の著作の情報がありましたら
こちら(koho@rikkyo.ac.jp)までお寄せください。よろしくお願いいたします。

2017年度【2017年11月】

民法④債権各論 判例30!
著者:幡野 弘樹(法学部国際ビジネス法学科教授)【共著】
出版社:有斐閣
出版年:2017年11月発行
価格:1,600円+税
内容:いままでにない新しい判例教材。学習上の最重要判例を易しく丁寧に解説し、学生の理解を徹底サポート! 判決文・決定文を読む際、どこにどのように着目すべきかを明確に指し示す。事案と判旨だけでは難解な事例も、《読み解きポイント》《この判決/決定が示したこと》本文の隣に置いた注や基礎的な事項もおさえた《解説》で着実な理解に導く。
現代日本の批評 1975-2001
著者:福嶋 亮大(文学部文学科文芸・思想専修准教授)【共著】
出版社:講談社
出版年:2017年11月発行
価格:1,600円+税
内容:批評とはなにか。それは戦後日本固有の病である。“批評史の屈曲点”からどう変容したか?新時代を希求する気鋭の格闘の記録!
共にあることの哲学と現実 家族・社会・文学・政治
著者:澤田 直(文学部文学科フランス文学専修)【共著】
出版社:書肆心水
出版年:2017年11月発行
価格:3,900円+税
内容:●変転する共同性の現代的状況をとらえ、新たなありかたを問う
岩野卓司、合田正人、郷原佳以、坂本尚志、澤田直、藤田尚志、増田一夫、宮﨑裕助による、デリダ、ドゥルーズ、フーコー、バタイユ、ブランショ、レヴィナスの理論からの展開。現代の世界や日本の状況を考えるうえでフランス現代思想の共同体論が参照可能かどうかを見きわめる試み。
プロ野球 奇跡の逆転名勝負33
著者:米谷 紳之介(法学部卒業)
出版社:彩図社
出版年:2017年11月発行
価格:667円+税
内容:球場に響くかん高い打球音、一瞬の静寂、そして沸き起こる大歓声——。磨き上げられた技術と意地がぶつかり合う、プロ野球の醍醐味は、なんといっても〝逆転ゲーム〟にある。
日本でプロ野球が始まってから、およそ70年。その間、幾度となく、鮮烈な逆転劇が繰り広げられてきた。
本書はそのプロ野球の歴史の中で、〝名勝負〟として語り継がれてきた33の試合を取り上げ、そのゲームに関わった当事者の声などから、その本質に迫ろうとするものである。
プロ野球の一大転機になった長嶋茂雄の天覧ホームラン、近鉄バファローズ最後のリーグ優勝を決めた「奇跡の逆転サヨナラ満塁弾」の裏側、阪神タイガースのバックスクリーン3連発の裏にあった巨人「幻の3連発」など、昭和から平成まで選りすぐりのプロ野球ベストゲームの逸話が満載! すべての野球ファンに捧ぐ1冊!
あしたの履歴書 目標をもつ勇気は、進化する力となる
著者:田中 道昭(ビジネスデザイン研究科特任教授)【共著】
出版社:ダイヤモンド社
出版年:2017年11月発行
価格:1,600円+税
内容:1000社・10万人に及ぶ人事評価データからわかった「目標を必ず実現する実践的メソッド」を初公開! 「あしたの履歴書」をつくれば、自分が本当にやりたかったこと、目標、ビジョン、そしてミッションを見出すことができる。目標が明確になれば、計画的・戦略的に物事に取り組み、あなたの市場価値は必ず上がる。
アマゾンが描く2022年の世界
著者:田中 道昭(ビジネスデザイン研究科特任教授)
出版社:PHP研究所
出版年:2017年11月発行
価格:910円+税
内容:流通・小売りの巨人と呼ばれるアマゾンは、ビッグデータ時代にどこへ向かうのか。ジェフ・ベゾスの類い稀なる戦術・思想を読み解く。
大都市圏の環境教育・ESD
監修者:阿部 治(社会学部現代文化学科教授)【共監修】
出版社:筑波書房
出版年:2017年11月発行
価格:2,500円+税
内容:各執筆者が行ってきた環境教育・ESDの取り組みや研究を「大都市」の視点からあらためて見つめ直した。今後の大都市圏の環境教育・ESDに一石を投じたのではないか。
イノベーションと内部非効率性-技術変化と企業行動の理論
著者:關 智一(経済学部会計ファイナンス学科准教授)
出版社:白桃書房
出版年:2017年11月発行
価格:3,300円+税
内容:イノベーションは、経済学的な視点と経営学的な視点からみることができる。著者は本書で、シュンペーターやクリステンセンらが立脚する経営学的視点でなく、経済学的な視点からその本質に迫る。すなわち、イノベーションの理解で不可欠とされる「企業家精神」について、「内部非効率性」という概念に着目し追究する。イノベーション研究に関する高度な研究書。

2017年度【2017年10月】

虎の牙
著者:武川 佑(校友)
出版社:講談社
出版年:2017年10月発行
価格:1,800円+税
内容:兄のために生き、兄のために死ぬ。
信玄以前の武田家に、最強の虎と牙がいた。
武田信玄の父・信虎の謎の弟、勝沼信友。「山の民」として育てられたその男は、自らに流れる血の運命にのみ込まれていく。一方、罪を犯して流浪の末武田家に仕官した足軽大将の原虎胤は、その武勇から「鬼美濃」と恐れられ、外様ながら家中で重きをなしていく。乱国甲斐の統一を目指す武田信虎を挟んで、二人の男がある「呪」を背負いながら戦場を駆け巡る——。
琥珀の夢(上・下)
著者:伊集院 静(1972年文学部卒業)
出版社:集英社
出版年:2017年10月発行
価格:(各)1,600円+税
内容:日本の洋酒文化を切り開いた男の人生。「やってみなはれ」の精神を貫いた、鳥井信治郎のひたむきな日々が蘇る!
ヒトラー 野望の地図帳
著者:サカイヒロマル(2004年経済学部経済学科卒業)
出版社:電波社
出版年:2017年10月発行
価格:1,400円+税
内容:生誕の地から自ら命を絶った現場までヒトラーの足跡をつぶさに辿った戦跡探訪記!!
ヒトラーゆかりの地を訪ね、その痕跡を追い求めてくまなく探索。時系列に沿って展開していくことによって、第2次世界大戦の全体像をも浮かび上がらせた、著者渾身の処女作!!
「子どもの貧困」を問いなおす 家族・ジェンダーの視点から
著者:湯澤 直美(コミュニティ福祉学部福祉学科教授)【共著】
出版社:法律文化社
出版年:2017年10月発行
価格:3,300円+税
内容:貧困の本質は「構造的な不平等」である。子どもの貧困を生みだす構造のなかに家族という仕組みを位置づけ、同時に歴史的に女性が負ってきた社会的不利を考察、論究する。「政策」「生活の特徴と貧困の把握」「ジェンダー化された貧困のかたち」の3部12論考による貧困の再発見。
日本語ライブラリー 漢字
編著者:沖森 卓也(文学部文学科日本文学専修教授)【共編著】
出版社:朝倉書店
出版年:2017年10月発行
価格:2,900円+税
内容:漢字の歴史、文字としての特徴、アジアの各地域で遂げた発展を概観。〔内容〕成り立ちからみた漢字/形からみた漢字/音からみた漢字/義からみた漢字/表記からみた漢字/社会からみた漢字(日本,中国・香港・台湾,韓国,ベトナム)
日本語ライブラリー 漢語
編著者:沖森 卓也(文学部文学科日本文学専修教授)【共編著】
出版社:朝倉書店
出版年:2017年10月発行
価格:2,700円+税
内容:現代日本語で大きな役割を果たす『漢語』とは何か、その本質を学ぶことで、より良い日本語の理解と運用を目指す。〔内容〕出自からみた漢語/語形からみた漢語/語構成からみた漢語/文法からみた漢語/意味からみた漢語
銭湯は、小さな美術館
著者:ステファニー・コロイン(社会学部・元交換留学生)
出版社:啓文社書房
出版年:2017年10月発行
価格:2,200円+税
内容:全国の銭湯を巡る温泉大使、ステファニーさんが選りすぐりの銭湯を写真付き、コメント付きで紹介。
今まで見たこともない銭湯の世界が広がっています。
今までになかった視点が面白い!
日本の銭湯の魅力がたっぷりと詰まった一冊です。
Knowledge Creation in Public Administrations: Innovative Government in Southeast Asia and Japan
編著者:西原 文乃(経営学部国際経営学科助教)【共編著】
出版社:Palgrave Macmillan
出版年:2017年10月発行
価格:21,814円
内容:この本は、アジアにおける地方自治体、地方レベル、国家レベルでの革新的な政府の新しいパラダイムを、知識創造経営理論に基づいて提示し、行政の組織改革と政策改革に役立てるものです。 本書はインドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、日本の事例に知識創造経営理論を適用して、行政の効果や成果に影響を与える要因を特定するための共同研究の成果をもとにしています。

過去の著作一覧