ハンバーガーメニュー
大学院

研究科の目的

立教大学大学院観光学研究科は、現代社会の要請に応え、各種学術分野の視座と方法論とを十分に踏まえた、高い水準の観光学の研究者や教員を継続的に輩出し、わが国における観光学研究・教育の水準をさらに向上させることを目的としています。

また同時に、高度な政策提言能力を備えた実務家の養成をも目指しています。 世界的な視野から見る時、観光に関する大学院教育は、観光の産業的な側面を主たる対象とし実践的性格の強い所謂ホスピタリティマネジメントの領域と、人文・社会科学のアカデミズムを基礎とする観光学研究の領域とに区分され、多くの場合、両者はまったく別個に関連無く実施されている実情があります。

本研究科ではこの2つの領域を有機的に関連させて位置づけ、同時に実行している点に大きな特長があります。

このことは大学院教育に現実性を担保し、実務の領域とアカデミズムの領域との双方に一定程度以上の見識を持つ研究者・教育者を養成するための有効な方途ともなっています。


ページの先頭へ