ハンバーガーメニュー

大学院

観光学研究科(観光学専攻)は、観光学に関する日本で最初の大学院研究科です。
観光の社会的役割と影響の増大に伴い、観光に関する高度な知識と将来の観光のあり方を学術的な視点から分析することのできる研究教育者の育成は、わが国のみならず国際的な要請となっています。 「観光行動・観光文化研究」「観光地域・観光地計画研究」「観光産業・観光事業経営研究」の3分野から構成されています。

研究科の目的

立教大学大学院観光学研究科は、現代社会の要請に応え、観光学研究・教育の水準をさらに向上させることを目的としています。

教育実践

学生が自ら主体的に学び、研究活動を通した社会的貢献を具体的に構想し、実現化する能力を高めるための道筋が用意されています。

留学生

本研究科の修了者は、各国においても観光学研究・教育の分野で主導的な役割を果たしています。

研究者への道

観光学のフロンティアを広げようとする、真の「ツーリズム・イノベーター」の育成に努めています。


ページの先頭へ