ハンバーガーメニュー
学科案内

交流文化学科

地域研究をもとに、異文化に対する視点を養い国際的な人材を育成

何を学ぶか

観光をホテルや旅行業など産業サイドから見るだけでは、その全貌を明らかにすることはできません。交流文化学科では、観光を大きく2つの視点から学んでいきます。一つは、国際親善や文化交流など観光の持つ交流的側面について、もう一つは、観光が地域にもたらす文化的影響を明らかにする地域研究の方法です。そのため、国内外でのフィールドワークなどの体験型授業が多いのも特長です。

目指すもの

交流文化学科が目指すのは、異文化への視点を養い、この多文化状況の中で交流の実をあげうる国際公務員、ジャーナリストなど、新しいタイプの国際的人材の育成です。

4つの特色

  1. 視野を広げる海外フィールドワーク

    交流文化フィールドワーク、演習などの授業では、海外での社会調査、ボランティア活動を中心に授業が行なわれます。それらの体験は皆さんの視野を広げ、問題意識を高め、リアルな理解の助けになるでしょう。

  2. 現場での発見を活かす体験型授業

    カリキュラムに組み込まれたエコツーリズム体験、農村観光体験などの実地体験をもとに、現場での発見を活かした教育が行なわれています。

  3. 情報発信力を高める授業

    本学科での学習は受け身ではありません。「トラベルジャーナリズム論」をはじめとして旅の楽しさを伝え、文化を記述する発信能力を高める授業が充実しています。

  4. コミュニケーション能力を向上させる演習

    外国語がうまくなったからといって国際感覚が身についたとはいえません。本学科は少人数の演習科目で発表経験をつむことで、発表を含めたコミュニケーション能力を身につけることができます。


ページの先頭へ