ハンバーガーメニュー
観光学部とは?

歴史

70年にわたる観光教育の歴史

1946

立教大学における観光教育の歴史は、1946年に開設された「ホテル講座」に遡ります。
「ホテル講座」を生み出したのは、学生達の「平和産業としての観光」への思いと、母国再建にかける熱い情熱でした。
開設資金は寄贈された箱根富士屋ホテル元社長・山口正造氏の遺産によってまかなわれました。

1967

「ホテル講座」は、困難な時代に、多くの有為な若者をホテル産業、旅行業など観光分野へと送り出し、これらの人々がわが国観光産業発展の一翼を担います。

いっぽう社会は高度経済成長期に入り、大衆旅行時代が到来します。
1964年には海外渡航が自由化され、海外旅行も次第に一般化していきます。

観光分野における正規教育を望む社会の要請に応えて、立教大学は1966年、社会学部産業関係学科に「ホテル観光コースを開設し、翌67年には独立して観光学科が誕生します。
社会学部観光学科はわが国最初の4年制観光教育機関です。

1973年からは社会学研究科応用社会学専攻で観光領域の大学院教育がスタートしました。

1998

社会学部観光学科は発展して、1998年に社会学部から独立し、観光学部が新座キャンパスに設置されます。

観光学部は80年代終わりのバブル時代の反省を受けて、「ビジネスとしての観光」「地域社会と観光」「文化現象としての観光」という 3 本の柱に依拠しながらも、環境や地域社会、文化への影響なども視野に入れた現代的な観光教育を推進していきました。

同時に社会学研究科応用社会学専攻が担当してきた観光領域での大学院教育は、独立して大学院観光学研究科に再編成されます。
観光学研究科は観光領域で初めての、観光を専門とする単独大学院であり、現在でも「博士(観光学)」を授与することが出来るわが国でも数少ない大学院です。

2001年にはビジネスデザイン研究科にホスピタリティデザイン専攻が誕生し、立教における観光教育はさらに幅が広がりました。

2006

観光学部は従来の観光学科に加え、交流文化学科を新たに設置し、2学科体制に移行します。
これは観光現象自体の変貌や、社会的役割の変化に対応し、社会に貢献していこうという観光学部の意志のあらわれです。

同時に立教における観光教育が次のステージにあがったことを示しています。交流文化学科は社会から好意的に受けとめられ、順調に発展しています。


ページの先頭へ