東京農業大学 地域産業経営学科

修士論文一覧

2016 | 2015 | 2014| 2013 | 2012 | 2011| 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 |2004 |2003 |

2004年度修了者 修士論文題目

加來 実恭
子どもの虐待を巡って〜つながりなおしの物語をいかにして紡ぐか〜
松田 理沙
「企業とNPOを結ぶ仲介組織への一考察」〜企業の社会的責任論の視点からー
石井 大輔
運動を事業化する社会的企業の実証的考察〜事業展開によるソーシャル・キャピタルの具体化過程〜
稲見 陽子
企業の社会貢献活動における積極的活動要因の考察
犬飼 直子
「学び」を視点とした不登校児童・生徒を支援するミュージアムの活用について
井上 千鹿子
技能研修が必要なボランティア活動に関する一考察〜模擬患者活動における資質と養成〜
梅原 宏司
1970年代から80年代にかけて地方自治体の文化行政の描いた文化像
大泉 充彦
政治リーダーの不作為に関する一考察〜92年の金融政策論議をめぐって〜
太田 圭子
地域コミュニティの再構築とソーシャル・キャピタルの相関に関する基礎的研究
〜日本の地方都市部におけるまちづくりNPOの事例分析を通じて〜
金澤 哲也
平和構築支援における、除隊兵士復員事業の教訓〜アフガニスタンにおける事業提案のために〜
川崎 香織
日本語ボランティア活動の課題〜外国人支援活動におけるボランティアの役割とその方向性〜
川中 大輔
学校における「市民的リテラシー教育」の導入の方向性〜教育を通じた公共圏のコミュニケーションの成熟化に関する一考察〜
神田 敏子
消費者団体の果すべき新たな社会的役割〜消費者団体訴権を担い推進するために〜
木村 聡
ボリビア国における高地先住民族に対するコミュニティー開発アプローチについて
〜伝統的な価値観を尊重した協力の方法を探る〜
齋藤 毅
横浜市における子どもの教育環境の再構築に関する研究〜子どもの権利の視点から〜
齊藤 洋子
現代社会におけるボディ・イメージに関する考察 スリム志向化と消費の視点から
佐藤 万里江
多元的なコミュニティをつなぐ結節点の役割に関する研究:ハワイのオキナワン・コミュニティにみるその諸相
末森 逸子
地域福祉における生活協同組合福祉のもつ役割と可能性
須賀 由美子
わが国の芸能界に措けるタレントの雇用・報酬・待遇に関する考察
菅井 薫
公立博物館における市民連携観の形成と発展〜博物館法施行後の非営利組織との連携の動きを巡って〜
高瀬 恵悟
地域特性を考慮した防犯環境設計の最適化に関する研究〜CPTEDの視点を取り入れた防犯まちづくり手法の提案〜
土田 穆子
金融消費者問題の課題とその解決〜金融被害事例から見た問題解決への考察〜
寺澤 義樹
学校とNGOの協働による開発教育の現状と提言〜21世紀の地域参加型に基づく新しい教育〜
寺本 佳苗
自立した個人と企業倫理〜統合社会契約論の視点からの考察〜
豊島 京子
市民の情報リテラシー支援における公共図書館の社会的役割に関する研究
〜市民を対象とした講座の事例研究を通じて〜
永原 隆誉
『商店街活性化を妨げる脅威と対策』〜6年間の商店街活性化協力活動をふまえて〜
早瀬 史麻
紛争地の支援活動における軍と文民の関係
福嶋 正訓
「寺院の社会的機能の研究」〜寺院組織の運営手法についての一考察〜
矢島 麻衣
商店街によるVA(Voluntary Association)としての地域福祉サービスの有効性についての一考察
〜近隣型商店街を参考として〜
山極 清子
企業と社員がともに成長できる戦略的男女共同参画経営とはー「女性活躍」が新しい企業・社会を創りだす兆しの検証
山下 悟
非営利目的の論理〜非営利目的である組織における社会的機能と組織原理は何か〜
横井 秀治
スポーツによる社会的包摂〜センのケイパビリティ・アプローチによる考察〜
安藤 佳織
芸術文化事業のための文化経営技法
五十嵐 香織
NPO/NGOへの資金支援拡大に向けたインターミディアリ設立の可能性と課題
〜企業・労働組合との連携による取り組みを事例として〜
石井 昌行
自衛隊の災害派遣に関する研究ー阪神淡路大震災における初動期の対応について
稲垣 聖子
支援の思想、支援者の生き方ー水俣の事例からー
小林 勢以子
グリーンツーリズムと社会システムの転換〜NPOにおける実践からの考察〜
鈴木 桂子
「母性による子育てから感性による子育てへの転換」
〜NPO彩の子ネットの活動を通して父親・専門家参加型ネットワークによる母性解体から多彩なライフスタイルを目指す〜
寺内 洋
我国における日本人移民送り出しの分析〜1868年から1885年頃までを中心として〜
日高 久実子
大都市近郊地域(住工混在地域)における中小企業ネットワーク形成のための要因分析〜調布市の場合を中心として〜
※その他4名
page top

page top