立教大学

教員・院生・修了生の活動

当研究科の教員は、当研究科の教育活動と並行して学外でもさまざまな活動を行っています。

 

2015年10月

10/15(木)4時20分~4時30分放送のNHK総合「視点・論点:シリア難民問題と日本」に本研究科長有紀枝教授が出演されました。(再放送はNHK Eテレ10/15(木)13時50分~14時)
リンク:http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/229753.html

10/13(火)19時30分~19時56分放送のNHK総合「クローズアップ現代:難民急増に揺れる欧州」に本研究科長有紀枝教授が出演されました。(再放送はNHK総合10/14(水)13時~13時26分)
リンク:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3715.html

2015年7月

日経Bizアカデミーサイト『探訪ビジネススクール』に、本研究科中村陽一教授の授業を模擬体験された、日経Bizアカデミー編集長による授業探訪記事が掲載されました。
リンク:http://bizacademy.nikkei.co.jp/for-personnel/bizacaschool/article.aspx?id=MMAC4h000021072015&page=1

2015年6月

朝日新聞 2015年6月3日(水) 朝刊38面社会2に安保法制整備による人道支援の影響について、長有紀枝教授のインタビュー記事が掲載されました。
リンク:http://www.asahi.com/articles/DA3S11787894.html

2015年5月

中村陽一教授が2015年5月17日(日)14:00~吉祥寺ジャズ喫茶メグにてトークライブの語りゲストとして出演されます。
リンク:http://www.meg-jazz.com/

2015年3月

「防災と人間の安全保障」というトピックで国連フォーラム共同代表の田瀬和夫さんと長有紀枝教授の対談が国連フォーラムHPに掲載されました。

リンク:http://www.unforum.org/interviews/18.html

2015年2月

長有紀枝教授が2015年2月26日(木)19:30~放送のNHKクローズアップ現代「いま”世界”のためにできること~紛争地 それぞれの眼差し~」(生放送)にスタジオゲストとして出演されました。

リンク:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3623.html

2014年9月

中村陽一教授がアーツアカデミー東京芸術劇場プロフェッショナル人材養成研修レクチャーシリーズの「これからの劇場運営と社会デザイン」ー劇場人「財」に求められるデザイン力ー(全5回)に講師として登壇されます。

詳細及びお申し込みはこちら

中村陽一教授のキャリア教育に関するインタビューが2014年9月9日発刊の日本経済新聞9ページに掲載されました。

リンク:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFE03H1X_V00C14A9NNMP00/

2014年6月

村尾るみこ助教が編者の「100万人のフィールドワーカーシリーズ」第11巻『衣食住からの発見』が古今書院より発刊されました

牧田りえ准教授が国立民族学博物館発行の「月刊みんぱく」6月号に『綿花の有機栽培とフェアトレードは両立するか』というエッセイを執筆しました。

リンク:http://www.minpaku.ac.jp/museum/showcase/bookbite/gekkan

2014年1月

中村陽一教授のキャリア教育に関するインタビューが2014年1月1日発刊の朝日新聞26面に掲載されました。

リンク:http://www.asahi.com/shimen/20140101/

2013年12月

本大学ホームページCLOSE UPに当研究科所属教員である長有紀枝教授のインタビュー記事が掲載されました。

リンク:http://www.rikkyo.ac.jp/feature/close_up/2013/12/post-41.html

2012年12月

牧田りえ准教授が2012年12月に刊行された書籍『未来を拓くエシカル購入』(山本良一、中原秀樹編著、環境新聞社)の中で、「フェアトレード・有機認証と生産者」を執筆されました。

リンク:http://www.kankyo-news.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=64&NCODE=81

2012年11月

牧田りえ准教授の研究論文(題名:Fair Trade and organic initiatives confronted with Bt cotton in Andhra Pradesh, India: A paradox)が、 Geoforum (Elsevier)の Volume 43, Issue 6, Pages 1232–1241 (November 2012)に掲載されました。

リンク: http://www.igpn.org/csr2012/2nd_meeting.html

2012年7月

牧田りえ准教授が、7月5日、グリーン購入ネットワーク主催の倫理的購入・CSR調達ガイドライン研究会において「開発途上国の生産現場から見たフェアトレード・有機認証」と題して講演を行ないました。
詳細: http://www.igpn.org/csr2012/2nd_meeting.html

2012年2月

牧田りえ准教授が、アメリカ地理学会年次大会(2月24〜28日、ニューヨークシティ)において
プレ・セッション(23日)で、開発地理学グループからの政策提言の中で、フェアトレード認証について提言します。
また、本会議では、インドの遺伝子組み換えコットンについて研究報告を行ないます。

プレ・セッションPDF:http://danielesser.files.wordpress.com/2012/01/2012-dgsg-pre-conference-poster.pdf
研究報告:http://meridian.aag.org/callforpapers/program/AbstractDetail.cfm?AbstractID=43031

齋藤哲男教授が2月18日 失敗学会 第94回フォーラム in 本郷にて、登壇されました。演題は「グローバル経営への道~異文化への備えと理解」で、身近な異文化から国際的な異文化まで、異文化理解の根幹は何かをお話しされました。
詳細:http://www.shippai.org/shippai/html/index.php?name=news646

中村陽一教授の「コミュニティデザイン学演習13(ソーシャルビジネスの可能性)」に
立教大学トップホームページ連載中 「おもしろ授業」  2011年11月18日(金)取材が入りました。
立教大学ホームページ:http://www.rikkyo.ac.jp/feature/featured_class/2012/02/21-8.html

2012年1月29日 上毛新聞一面の連載「伝えたいこと Message」で、内山節教授の インタビューが掲載されました。
タイトル:「利他的生き方広がる コミュニティーの活力を軸に 社会つくる時代」

2012年1月6日の北海道新聞「各自核論」で、内山節教授の寄稿が掲載されました。
タイトル: 「巨大化志向 限界に 結びつき感じる社会へ回帰」

2012年1月

長有紀枝教授が、3月4日 フォーラム「震災報道を考える」で、登壇します。
フォーラム 公式サイト http://www.asahi.com/shimbun/sympo/release/120119.html

牧田りえ准教授のエッセイが、「サステナ」に掲載されました。

タイトル:「フィリピン・ネグロス島のサトウキビ生産地を訪ねて」
雑誌名:教養雑誌「サステナ」第22号(東京大学サステイナビリティ学連携研究機構発行)
ウェブ版サステナ http://www.ir3s.u-tokyo.ac.jp/websasutena

2011年12月

牧田りえ准教授の研究論文が、海外のジャーナルに掲載されました。

論文タイトル: Fair Trade Certification: The Case of Tea Plantation Workers in India
ジャーナル名: Development Policy Review, Volume 31, Issue 1 (2012年1月発行、2011年12月よりオンライン)
出版社名:Wiley-Blackwell
リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-7679.2012.00561.x/abstract

2011年10月

中村陽一教授が、10月30日 第一回 「緑のカーテン」 東京フォーラム in 池袋 で、パネリストとして登壇されます。
シンポジウム 公式サイト

萩原なつ子教授が、10月28日 東京ウィメンズプラザフォーラム シンポジウム 基調講演で、登壇されます。
シンポジウム 公式サイト

中村陽一教授が、10月24日 シンポジウム 「人とまちをつなぐアート/その新たな展開と可能性」で、パネリストとして登壇されます。
シンポジウム 公式サイト

2011年8月

新宿東口の写真ギャラリー「コニカミノルタプラザ」での6人の写真家が被災地を捉えた
企画展「Sign -写真家たちの311-」の関連イベントのギャラリートークで、野中章弘教授がファシリテーターを務めました。

2011年7月

中村陽一教授が、NPO法人「市民社会創造ファンド」が主宰するNPOインターンシッププログラム(Small Schools for Civil Society NPOを市民社会の小さな学校に)8期修了式にて、運営委員会座長として挨拶しました。

中村陽一教授が、『日経キャリアマガジン 知性を磨く、仕事に生かす 社会人のこだわり 大学・大学院』の特集「日本の『白熱教室』に行こう!今、学びたい教授リスト」22人の1人として紹介されました。

中村陽一教授が、株式会社ファミリーマートの『環境・社会活動報告書2011』にて「第三者意見」を執筆しました。

2011年6月

萩原なつ子教授が、小金井市で開催された、女性の視点から防災について考えるシンポジウム「女性と防災〜東日本大震災における被災地支援を通して〜」で講演しました。

長有紀枝教授が参議院の東日本大震災復興特別委員会(第4回)に参考人として出席、意見を述べました。

NPO法人への寄付を促すための改正NPO法と税制改正関連法について、松原明講師のコメントが、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞に掲載されました。

長有紀枝教授が相馬市の復興を支援する市復興会議「顧問会議」のメンバーに選ばれました。
同市に縁がある有識者七人で構成されており、元三重県知事の北川正恭早稲田大大学院教授が座長を務めています。

中村陽一教授が、日本経団連の企業市民協議会総会にて「3・11以後の社会デザインとCSR・ソーシャルビジネス」と題して講演を行いました。

中村陽一教授が、顧問を務める地元池袋のNPO法人「ゼファー池袋まちづくり」総会で挨拶しました。

中村陽一教授が、韓国・ソウルにて行われた国際シンポジウム「日韓の社会的企業と東アジアネットワークの構築」において、基調講演「3・11後の社会デザインと日本のソーシャルビジネス」を行いました。

2011年5月

萩原なつ子教授が委員長を務める、NPOや企業などによる公共分野の自立的な活動を後押しする神奈川県新しい公共支援事業運営委員会が、「神奈川県新しい公共支援事業基本方針案」を黒岩祐治知事に答申しました。

長有紀枝教授が、読売新聞の[私のあんしん提言]で、災害弱者への支援について提言しました。

国連大学で開催された地球サミット1年前イベント『WorldShift Forum 2011 -シフトを、日本から。-』で、マエキタミヤコ講師がパネリストとして参加しました。

日本経済新聞電子版ニュースの「新しい日本へ」で、長有紀枝教授のインタビューが紹介されました。
こちらからどうぞ。

2011年4月

代々木公園で開かれた「アースデイ東京2011」に、田中優講師が出演しました。

日経MJの企業の被災地支援に関する記事で、長有紀枝教授と坂本文武准教授のコメントが紹介されました。

内山節教授が、長野県の新たな総合5カ年計画策定に取り組む件総合計画審議会のメンバーとして、災害と地域コミュニティーなどについて提言しました。

中村陽一教授が、「さいたま市市民活動サポートセンター」にて「実践論としての21世紀社会デザインとコミュニティデザイン―いまあらためてNPOを考えるために」と題して講演しました。

page top

page top