立教大学
立教大学 HOME
 
21世紀社会デザイン研究科


お問い合わせ>

独立研究科事務室
03-3985-4530
 sindaigakuin@grp.rikkyo.ne.jp



2008年度の講演会


2007年度の講演会

2006年度の講演会

2005年度の講演会

2004年度の講演会

2003年度の講演会

2003年度連続公開講座

2002年度の講演会

  21世紀社会デザイン研究科

◆2008年度 公開講演会

2008年度 第3回公開講演会
主催:本学大学院21世紀社会デザイン研究科
共催:立教セカンドステージ大学

日程

2008年 7月19日(土) 13:30~16:30

題目
21世紀型地域ケア創造への挑戦と将来の社会保障の姿

内容

 未曾有の超高齢社会のなかで、従来の行政主導の福祉医療介護の限界が見え始め、地域の創意工夫による活動の意義があらためて問われている。
このような地域の創造的な活動がケアのさまざまな領域で展開している。本講演会では、そのなかから公団団地での「孤独死予防」を通じた地域のとりくみ、ホームホスピスによる在宅ターミナルケアへの取り組み、施設機能の徹底的な地域展開をつうじ、新しい介護サービス創造の実践など、新たな地域創りの実践に学び、ケアを主題としたコミュニティデザインのあり方について考えたい。
 基調講演では、行政学の泰斗であり、介護保険制度の創設にかかわり、現在社会保障審議会介護給付費分科会の会長を務めるとともに、現内閣が設置した社会保障国民会議のメンバーで医療介護部会の部会長でもある大森彌氏に社会保障国民会議での論議について紹介するとともに、今後の地域ケアの動向と展望についても論じていただく。

会場

立教大学 池袋キャンパス  7号館 7102教室
講師
大森彌(東京大学名誉教授)
中沢卓実(松戸市常盤平団地自治会長)
市原美穂(NPO法人ホームホスピス宮崎 理事長)
小山剛(新潟県長岡市こぶし園園長) 
コーディ
ネーター
高橋紘士(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・コミュニティ福祉学部教授)
対象
本学21世紀社会デザイン研究科学生、立教セカンドステージ大学学生、
本学学生、 教職員、校友、一般市民
備考
申込不要、受講料無料



2008年度 第2回公開講演会
主催:本学大学院21世紀社会デザイン研究科
協力:財団法人公益法人協会
    シーズ=市民活動を支える制度をつくる会
    特定非営利活動法人日本NPOセンター

日程

2008年 6月21日(土) 13:30~16:30

題目
チャレンジに直面する日本の市民社会
―民間非営利組織のこれまで~これから―

内容

 一昨年の6月、「公益法人制度改革関連3法」が公布され、民法34条に基づく公益法人に関する規定が110年振りに改正された。この新たな公益法人制度の施行は本年12月1日であるが、10年前(1998年)の同日、特定非営利活動促進法(NPO法)が施行された。21世紀の社会において、新たな公共の担い手として、益々その役割と活躍が期待される民間非営利組織だが、一方で抱える課題も多い。大きな転換期を迎えた今日、これからの非営利組織のあるべき姿と方向性につき、セクターワイドの観点から考えていきたい。

会場

立教大学 池袋キャンパス 8号館 8303教室
講師
雨宮孝子(明治学院大学大学院法務職研究科教授)
松原明(シーズ=市民活動を支える制度をつくる会 事務局長)
パネリスト 山岡義典(日本NPOセンター副代表理事、法政大学現代福祉学部教授)
辻陽明(朝日新聞東京本社 編集委員)
中村陽一(21世紀社会デザイン研究科・法学部教授、さいたまNPOセンター代表理事)
コーディ
ネーター
渡辺元(21世紀社会デザイン研究科教授、トヨタ財団シニアフェロー)
対象
本学21世紀社会デザイン研究科学生、本学学生、 教職員、校友、一般市民
備考
申込不要、受講料無料



2008年度 第1公開講演会
主催:本学大学院21世紀社会デザイン研究科   
共催:21世紀社会デザイン研究学会 

日程

2008年 5月10日(土) 14:30~17:00

題目
社会企業家がめざす世界の可能性
―自ら問いを立て、答えを探し、行動する人びと
内容
 社会企業家(社会起業家)への注目が高まっている。ことばが普及し、マスメディアへの登場頻度は増し、関連書籍の出版も相次ぐ。社会的な価値を追求し、社会を変革しようと志す企業家たちへの期待は、格差や貧困や社会的排除に悩む日本社会でも少しずつ拡大しているように見える。しかし他方、実践は始まったばかりで、まだ見えない部分も多い。そこで今回は、プレイヤー、コーディネーター、サポーターそれぞれの立場から、社会企業家たちが何を考え、何に悩み、どう行動しているのか、その実際を明らかにするとともに、今後の社会デザインにおける可能性と取り組むべき課題に迫ってみたい。

会場

立教大学 池袋キャンパス  7号館 7102教室(1階)


パネリスト
(講師)

岩本真実(若者自立塾よこはまアプレンティスシップセンター統括責任者)
村田早耶香(NPO法人かものはしプロジェクト共同代表)
佐々木健介(NPO法人ETIC.インキュベーション・コーディネーター)
鈴木均(日本電気㈱ CSR推進本部 CS推進部長兼 CSR推進室長)
中村陽一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・法学部教授/21世紀社会デザイン研究学会常任理事)
コーディ
ネーター
石川治江(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授/21世紀社会デザイン研究学会副会長/NPO法人ケア・センターやわらぎ代表理事)
対象
本学21世紀社会デザイン研究科学生、本学学生、 教職員、校友、一般市民
備考
申込不要、受講料無料

 ※敬称略










研究科ホームページにもどる

このページのトップへ

END of PAGE