◆講師紹介◆

Hidasi Judit (ヒダシ・ユディット) 

神田外語大学国際コミュニケーション学科教授、 Ph. D. (応用言語学博士)

<経歴>
元ブダペスト商科大学国際貿易部・言語学科・教授、ハンガリー共和国教育省・国際交流部・副部長。日本研究、応用言語学、異文化コミュニケーション、日欧間コミュニケーションギャップの研究等で知られ、EUと日本を行き来して活躍中の数少ない気鋭の学者である。

<著書>
Communication Gaps between Japanese and Non-Japanese Speakers (Japanese Society, vol.3, 1998) 他多数


 
R. Michael Paige (マイケル・ペイジ)


ミネソタ大学教育学部教授、Ph. D. (教育学博士)

<経歴>
ミネソタ大学教育学部教授、現名古屋大学高等教育センター客員研究員。国際教育、異文化教育、異文化コミュニケーション研修などの分野で米国を代表する学者で、当分野における多くの著書があり、日本でも知名度は高い。

<著書>
Cross-Cultural Orientation : New Conceptualization and Applications(University Press of America, 1993) 他多数



岡部 朗一


南山大学外国語学部教授、Ph. D. (コミュニケーション学博士)

<経歴>
専門はコミュニケーション論、特にレトリック批評。日本におけるコミュニケーション研究の代表的存在で、コミュニケーション、政治コミュニケーション、異文化コミュニケーション関連の著作が多く、日本コミュニケーション研究者会議の設立者でもある。

<著書>
「異文化を読む」(南雲堂1998)、「政治コミュニケーション」(有斐閣1992)
 他多数
このウィンドウを閉じる