青木 昇(教授)

専門 数論幾何

誕生日 昭和3?年??月??日

<研究教育活動>

研究分野は、代数幾何と整数論の中間領域である。主な研究対象は楕円曲線およびその一般化であるアーベル多様体の有理点やSelmer群などの算術的性質である。また、代数体や代数多様体のL-関数の特殊値などにも興味を持っている。

教育面では、代数学、線形代数学などの授業を講義してきた。抽象的な理論だけでなく、具体的な計算を通じて数学の面白さを伝えようと努力しているつもりである。

<主要担当科目>

  • 学部  数学講究、代数と幾何、代数と幾何演習、代数学諸論
  • 大学院 数学研究、代数学特論