極小の素粒子から極大の宇宙まで

 

お知らせ バックナンバー

[2018.7.14]

理学研究科数学専攻博士後期課程1年の石原侑樹さん(横山研究室)が、日本数式処理学会2018年度大会において行った研究発表「二重イデアル商を用いた Effective Localization」により日本数式処理学会若手研究者賞 を受賞しました。

[2018.05.16]

2018年度第一回談話会を行います
日時 : 2018年5月29日(火) 16:4~18:10
教室 : 立教大学池袋キャンパス 4号館4406教室
講演者 : 小山 民雄 氏 (立教大学)
タイトル : ホロノミック勾配法による多面体領域の正規確率の数値計算

アブストラクト : ホロノミック勾配法は、常微分方程式を利用した数値計算の手法で、主に 多次元領域の積分に対して応用されています。本講演では、多面体領域 の正規確率(多変量正規分布に従う確率ベクトルが有限個の線形不等式 系で定義される領域に落ちる確率)の数値計算へのホロノミック勾配法の応 用について、基礎となる理論的な結果とともに紹介します。また、多面体領 域が単体の場合における数値実験の結果についても合わせて紹介したい と思います。
 
[2017.04.20]
2017年度第二回談話会を行います
講演者 : Tristan Vaccon
タイトル : 固有多項式のp進精度
日時 : 2017年4月26日(水) 16:40~18:10
教室 : 立教大学池袋キャンパス 4号館4407教室

Abstract : Characteristic polynomial is one of the most fundamental tools in linear algebra. Its effective computation has been heavily studied, resulting in near-optimal fast algorithm. The computation of characteristic polynomial of a p-adic matrix is used in Kedlaya's celebrated counting-point on hyperelliptic curves algorithm. As p-adic numbers can only be processed on a computer at finite precision, this raises the issue of the behaviour of precision on the computation of characteristic polynomials over matrices with p-adic coefficients. In this talk, we will introduce the method of differential precision to track p-adic precision, and apply it to the computation of characteristic polynomials. This is joint work with Xavier Caruso and David Roe.
 
[2017.04.13]

2017年度第一回談話会を行います。
講師: 斉藤 義久 氏(立教大)
題目: トロイダル代数について
日程: 2017年4月19日(水) 16:40--18:10
場所: 立教大学池袋キャンパス 4号館4階4407号室

アブストラクト: 表現論や数理物理学で中心的役割を果たすアフィンリー代数は,半単純リー代数 $\mathfrak{g}$と1変数Laurent多項式環のテンソル積(loopリー代数)の universal central extensionとして定義される.他方,トロイダルリー代数とは, Laurent多項式環の変数の数を1から2に増やして得られる無限次元のリー代数 で,定義からアフィンリー代数の自然な拡張とみなせる.しかし,トロイダルリー代 数はKac-Moodyリー代数にはならない等,その性質はアフィンリー代数のそれと大き く異なっており,本格的な研究はこれまであまりされてこなかったと言って良い. 本講演では,トロイダルリー代数をルート系の立場から考察する方法について 議論し,さらに近年AGT予想との関連から活発に研究されているトロイダルリー 代数の量子変形(量子トロイダル代数)の場合への拡張を考察したい.
 
[2015.12.08]

2015年度第四回談話会を行います。
日時 : 2015年12月14日(月) 16:45~
教室 : 4号館4408教室
講演者 : Gereon Quick (Trondheim)
使用言語 :英語
タイトル : The Abel-Jacobi map revisited
Abstract:
Calculating the residues for rational integrals in complex variables is a classical problem in mathematics. It is directly related to questions on algebraic cycles, their cohomology classes, and the Abel-Jacobi map. In this talk I will try to shed some new light on the Abel-Jacobi invariant using some classical methods in topology.
 
[2015.6.22]

2015年度第三回談話会を行います。
日時 : 2015年7月16日 16:45~17:45
教室 : 4号館4408教室
講演者 : Thomas Geisser(立教大学)
使用言語 :英語
タイトル :Motivic cohomology and special values of zeta-functions.
Abstract:
The number of solutions of a collection of polynomial equation over finite fields can be combined in the zeta-function. In this survey talk, I will explain how to get formulas expressing the behavior of the zeta-function at integers in terms of other numerical invariants of the equations, generalizing the class number formula.  
[2015.6.10]

2015年度第二回談話会を行います。
 日時: 7月8日(水)16:45-17:45
 場所: 4号館4407教室
 講演者: 杉山健一(立教大学)
 タイトル: RAMANUJANグラフのゼータ関数とHASSE-WEIL 合同ゼータ関数
    詳細はこちら

[2015.5.19]

2015年度第一回談話会を行います。
  日時  :5月26日(火)(16:45-17:45)
  場所  :4339教室 (立教大学4号館3階)
  講演者 :Stephen Lichtenbaum 氏(Brown University)
  タイトル:Special Values of Zeta-functions and Euler characteristics

Journal Home

Journal論文検索  投稿規程

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)