数学科の特色

本学数学科の学生数に対する教員数の比率の高さは、全国の私立大学数学科の中で最高水準を誇って います。また、数学科で発行している欧文の数学専門誌“Commentarii Mathematici Universitatis Sancti Pauli”は、そのレベルの高さが国際的に認められています。

より詳細(数学科HP)はこちら

確実にステップアップするカリキュラム

1年次春学期に「数学入門」、「微分と積分入門」、「計算機入門1」を学ぶことにより、高校数学から大学で学ぶ数学へと移行していきます。1年次から3年次までのカリキュラムは、「代数」・「解析」・「幾何」という数学を支える3本柱に沿い、講義とともに演習を行うことで確実な習得を目指します。また、近年、社会での要望が強い計算機・情報数学などの講義・演習にも充実したカリキュラムが組まれています。さらに、大学院進学を考えている学生や進んだ内容を学びたい学生には2、3年次に少人数制の「数学セミナー」を設けています。

研究・演習をシステマティックにサポート

立教の数学科の大きな特色である少人数教育は、1年次から教員と学生の関係が密接であることによく現れています。計算機室も整備され、計算機・情報数学の演習の際には1人1台 ずつの計算機を用いての演習が行われ、授業以外でも自由に使うことができます。3年次までの基礎的な学習を終えた後、4年次には自分の志望する分野の教員のもとで数名での卒業研究(数学講究・応用数学講究)を行い、専門的知識を深く掘り下げ、学問の面白さに触れることとなります。それが、大学院進学への、1つの動機付けとなることを期待しています。大学院では、担当教員の個人的指導(数学研究)を通して研究論文を完成させることを中心に、学内・学外の教員による講義(特論)により、現在の数学の先端についての見識を深めます。 

カリキュラム

学科目表

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)