Home > イベント > 昨年度までの開催イベント> 公開ワークショップ「環太平洋地域における移民コミュニティの形成1」

Last Update 2011.12.22

公開ワークショップ「環太平洋地域における移民コミュニティの形成1」

◆関 恒樹 氏(広島大学大学院国際協力研究科准教授)
 「トランスナショナルな社会空間におけるフィリピン人ミドルクラス・アイデンティティの考察――アメリカ合衆国のフィリピン系移民1・5世代の事例から」

◆市川 誠 氏(本学文学部准教授)
 「フィリピン人の海外出稼ぎと教育」

◆大橋 健一 氏(本学観光学部教授)
 「在外ベトナム人コミュニティにおける複合性と重層性」

・日時 : 2012年2月4日(土) 13:30~16:30
・会場 : 立教大学 新座キャンパス 太刀川記念交流会館 会議室
・対象 : 学生、教職員、一般
・言語 : 日本語
・参加費: 無料(※事前申し込みの必要はありません。学内・学外問わず参加可能です。)
・主催 : 立教大学平和・コミュニティ研究機構

環太平洋地域で形成されている多様な移民社会について、概括的な点検をすすめるワークショップ・講演会を3回にわたって企画。今回はフィリピン人やベトナム人がアメリカなどへ移動する様態を中心に話題を提供する。

   € 一覧に戻る€