Home > イベント > 昨年度までの開催のイベント> 現代社会の『保守』感覚-インターネットとサブカルチャーから見る若者の『政治』

Last Update 2011.07.07

2010年6月11日(金) 開催 
第1回フォーラム

現代社会の『保守』感覚-インターネットとサブカルチャーから見る若者の『政治』

現代の若者が保守化している”もしくは“非政治化している”という社会分析はよく耳にする
ものである。本報告は、このような主張を、インターネットやサブカルチャー表現の分析を通じ
て、若者層の政治意識を「内在的」にとらえ、その歴史的変遷を追ってみようとするものである。
彼ら自身は「政治」をどうとらえ、そして、どのような意味で「保守」的であると言えるのか?
 一度、内在的に彼らの「政治」感覚を確認した後、それについて、より広い社会的文脈を参照
しながら考察を加えてみたい。

・司 会  : 大橋 健一(立教大学観光学部教授)
・コメンテーター: 舛谷 鋭(立教大学観光学部教授)
・報 告  : 片上 平二郎(立教大学文学部助教)
・日 時  : 2010年6月11日(金) 16:40~18:00
・会 場  : 立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階多目的ホール


  PDFダウンロード€ 一覧に戻る