Home > イベント > 昨年度までの開催のイベント> 日韓比較平和研究の現状-日本『人』とは、韓国『人』にとって何なのか

Last Update 2011.07.07

2008年12月13日(土) 開催 
第2回セミナー

日韓比較平和研究の現状-日本『人』とは、韓国『人』にとって何なのか

 日韓関係は、すでに国交正常化40周年を迎え、東アジアのなかでの相互依存も進展しており、
さまざまな「和解」の試みも生まれている。その一方で、ナショナリズムや歴史観、領土をめぐる
紛争要因は消えていない。そこから展望を見出すために、本セミナーでは、日本『人』とは、
韓国『人』にとって何なのか、という問題を、歴史的に考察する。

・司 会  : 松田 宏一郎(立教大学法学部教授)
・講 師  : 金 榮作(韓国・国民大学校名誉教授、法政大学客員教授)
・共 催  : 立教大学政治学研究会
・日 時  : 2008年7月17日(木) 16:00~17:30
・会 場  : 立教大学池袋キャンパス 10号館X102教室

   € 一覧に戻る€