ラテンアメリカ研究所の組織的な研究活動
ラテンアメリカ研究所では、2007~2008年度にかけて立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)の助成を受け、プロジェクト研究「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」を、慶應大学デジタルメディアコンテンツ統合機構と連携して実施しました。
本プロジェクトの目的は、移民の高齢化や日系人の日本語・日本文化に対する関心の希薄化が進む中で、急速に消失・劣化の危機に瀕している貴重な移民関係資料や移民たちの言説を、将来に向けてきちんと収集・保存し、それらを広く社会に公開することで、ブラジル移民研究の深化や移民に対する社会的関心を喚起することにあります。現在、その実現に向けた第一歩として、サンパウロ州バストス、マットグロッソ・ド・スル州カンポグランデを事例に、移民関係資料の収集・保存・分析と、そのデジタルアーカイブ構築を進めました。
こうした活動は、日本・ブラジル両国にとってきわめて重要な社会的意義をもつものと考えます。しかし、同時にその作業は地道かつ膨大であり、多くのマンパワーと資金が不可欠です。私たちは立教大学より2年間で約800万円の助成金を受けてプロジェクトを進めておりますが、メンバーはもとより多数のブラジル人ボランティアに支えられて活動しているのが実情です。また、現在製作中のデジタルアーカイブは、完成後もその維持・管理が重要であり、将来的に資料や情報が研究者や日系人の協力により加筆・追加され進化していくことが切望されます。その意味では、しかるべき公的機関や理解ある企業などがこうした活動に理解を示し、継続的にバックアップあるいは主導的に担っていただけることが理想といえます。
以下に当研究プロジェクトの概要を示します。
プロジェクト内容 国際会議