2018/10/25 (THU)

水泳部の鎌田美希さんがジャパンパラ水泳競技大会100m平泳ぎで日本新記録樹立 100m背泳ぎでは3年連続の金メダル獲得

キーワード:学生の活躍

OBJECTIVE.

体育会水泳部の鎌田美希さん(コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年次)が、9月22日(土)~24日(月)に神奈川県横浜市の横浜国際プールで開催された「2018 ジャパンパラ水泳競技大会」において、日本新記録を樹立しメダルを獲得しました。

金メダルと銀メダルを持つ鎌田さん

「2018 ジャパンパラ水泳競技大会」は、日本障がい者スポーツ協会と競技団体が共催して開催する、日本国内最高峰の国際パラスポーツ競技大会です。今年は世界各国から約400名の選手が参加しました。

鎌田さんは、22日の100m平泳ぎ(SB7クラス)で1分58秒15という日本新記録を樹立し、銀メダルを獲得しました。
続く23日の100m 背泳ぎ(S8クラス)では、1分35秒50という記録で金メダルを獲得。同種目における鎌田さんの金メダルは、2016年大会から3年連続となります。

2020年の東京パラリンピック出場も視野に、鎌田さんのさらなる活躍が期待されます。

※パラ水泳は機能、視覚、知的障がいなど、さまざまな障がいのある選手が参加できる競技で、同じ種目でも障がいの程度によるクラス別で争われます。

コメント

comment

コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年次  鎌田美希さん

本大会に向けて、「自己ベスト、日本記録更新」を常に意識しながら練習して参りました。
1日目の100m平泳ぎは予選で自己ベスト更新、決勝で予選の記録を更新する事ができ、とても嬉しく感じました。特に決勝では、海外の選手と競り勝て、自信にも繋がりました。
2日目の100m背泳ぎは予選からいつもより緊張してしまい、泳ぎが堅かったと思います。決勝はタイムを上げられましたが、自己ベストには届かず悔しい思いをしました。この思いを忘れず12月の日本選手権では記録を更新したいと思います。
今大会では多くの方々に応援をして頂き、大きな力となりました。誠にありがとうございました。
今後も、いい報告が出来るように日々精進して参ります。ご声援の程よろしくお願いいたします。

※写真は鎌田さん(左)と髙𣘺涼さん(右/コミュニティ福祉学部福祉学科2年次 水泳部マネージャー)