ニュース

陸前高田市と立教大学が連携及び交流に関する協定を締結しました
復興支援・地域活性化など多様な分野で連携協力

2012.05.24

陸前高田市(戸羽太市長)と立教大学(東京都豊島区、吉岡知哉総長)は連携及び交流に関する協定を締結しました。調印式は5月23日(水)陸前高田市役所で行われ、戸羽太市長と吉岡知哉総長が協定書を取り交わしました。本協定に基づき、陸前高田市と立教大学は、同市の復興に向けた地域課題の解決と地域活性化の実現、発展に寄与することを目的として、教育、文化、福祉、産業等、市の地域活性化に関すること、人材育成、交流事業に関すること、大学の研究、発展に関することなど、多様な分野で包括的に連携・協力します。

立教大学では、東日本大震災発生後、大学として組織的・継続的に復興支援活動を実施するための指針と位置づけを取りまとめた「東日本大震災に伴う立教大学の復興支援活動指針」を策定するとともに、東日本大震災復興支援本部を設置し、学内における各支援活動の企画・実施や情報発信、学内諸活動の推進を行ってきました。なかでも陸前高田市とは、2003年より矢作(やはぎ)町生出(おいで)地区で開始した夏季の正課外教育プログラム・林業体験を契機として、友好関係を深めてきたことから、2011年6月に陸前高田市を「重点支援地域」に指定して、災害ボランティアをはじめとした復興支援活動を実施してきました。そして、今後同市と本学が、長期かつ、より多様な分野での連携・協力を実施するため、この度協定を締結する運びとなりました。

本協定に基づき、立教大学は、陸前高田復興支援ボランティア、子ども支援ボランティア、図書館再生支援など、2011年度に実施した復興支援活動の継続に加えて、震災の影響により昨年中止した林業体験プログラムの再開、同市小友地区にコミュニティ福祉学部が開設した「高田サポートハウス」を拠点とした地域交流活動、体育会硬式野球部による少年野球教室の開催、現代心理学部による映像プロジェクト「Rのことば」、経営学部学生による活動など、さまざまな取り組みを実施します。

戸羽市長と吉岡総長

本協定に基づく具体的な取り組み

1.陸前高田復興支援ボランティア活動

災害ボランティアセンターを通じた災害支援活動。2011年度は6期に分けて実施し、総勢87名の学生が参加しました。2012年度は、夏季休業期間中に8月8日(水)~12日(日)、8月22日(水)~26日(日)、9月12日(水)~16日(日)の3期に分けて実施。その後も継続的に行う予定です。6月には本学職員による復興支援ボランティアも実施予定です。

2. 子ども支援ボランティア活動(広田地区)

立教大学の学生が、現地住民プロジェクト「P@CT」主催の「みちくさルーム」への参加を通じて、地元の小中学生の学習支援及び仮設住宅の住民支援を行います。2012年度は、5月26日(土)~27日(日)を皮切りに、数期に分けて実施します。

3. 図書館再生支援

2012年2月立教大学の司書課程科目を履修する学生11名が、市教育委員会と岩手県立図書館との連携・協力により、全国からの寄贈図書が保管されている生出小学校で、仮設図書館への移送に向けた図書の整理作業を実施しました。今後も市教育委員会と県立図書館に相談しながら、継続的な活動を目指します。

4.林業体験

2011年度震災の影響により中止していた正課外教育プログラム・林業体験を、今夏に再開します。下草刈り、枝打ち、除伐などを通じて、自然環境や生命について学ぶほか、陸前高田市と立教大学の友好関係の原点として、生出地区コミュニティ推進協議会や市農林課の皆様とともに、住民との交流を深めていきます。

5.高田サポートハウスを拠点とした地域交流

2011年11月立教大学コミュニティ福祉学部は、陸前高田市の小友地区に、地元の方々のご厚意により一軒の民家を借りて、高田サポートハウスを開設しました。ここを拠点として、立教大学の学生が、近隣の方々や仮設住宅での交流と、被災状況を調査するためのプログラムを実施しています。また、教員は、専門性を生かして、市職員を援助する活動を開始しています。

6.スポーツ交流プログラム

立教大学体育会所属の学生による、陸前高田市の子どもたちとのスポーツ交流プログラムの実施について、市企画政策課、教育委員会等と相談しながら進めます。本年7月には、体育会硬式野球部が、陸前高田市内で「少年野球教室」を開催する予定です。

7.Rのことば

陸前高田市の人々や立教関係者が、これからの復興や希望、夢を語る映像を、現代心理学部映像身体学科の学生たちも制作に加わり発信していきます。第1弾の戸羽太市長の映像は完成し、陸前高田市ホームページ(http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/)の「陸前高田 on Youtube」より閲覧可能です。

この他にも、経営学部の学生が、市内の事業者の方々、市企画政策課、商工観光課等と相談しながら、今後の活動について検討します。


<問い合わせ先>
学校法人立教学院 企画部広報課
TEL:03-3985-2202 FAX:03-3985-2827 email:koho@rikkyo.ac.jp

ニュース一覧へ

ニュース検索

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.