立教の生命理学とは

立教大学理学部では、1949年の発足当時から生物物理学と生物化学の研究と教育を行ってきました。その基礎の上に1994年に化学科生命理学コースができて、2002年に学科として独立しました。ですから、立教の生命理学科は、1953年のワトソンとクリックによるDNA2重らせん構造の発見以前から、分子レベルの生命科学研究を続けてきた、立教の伝統に基づいて築かれた学科なのです。また、大学院の生命理学専攻は学科に先だち1996年にできています。

ポストゲノム時代の今日、立教の生命理学では「一味ちがった」生命へのアプローチを目指しています。それは、生命現象を、「理学」として(目先の応用を追い求めるのではなく)、分子科学に基礎をおいて(DNAやタンパク質といった生物をつくる分子から)、多面的にとらえることです。「生命理学」という耳慣れない言葉には、「いわゆる生物学科とは違う」という私たちの考えが込められているのです。

「物理や化学が苦手だから」ではなく、生命現象に本当に興味を持った、意欲ある人たちの積極的な挑戦を期待しています。

目のとどく少人数教育

立教理学部の大きな特徴は「少人数教育」。学生同士、学生と先生がお互いをよく知ることのできる大きさのクラスで、学生ひとりひとりに目がとどく指導を行います。とくに「卒業研究」では1研究室あたり6人程度という、私立大学では最良クラスの緊密な指導を受けることができます。「卒業研究」や大学院での「特別研究」では、最新の機器を用いた研究をおこなうことができます。

生命理学科Q&A

 「生命理学科」では何を勉強するのですか?
DNAやタンパク質といった、生物をつくっている「分子」を基礎として、「生きている」姿を理解するための考え方や知識を学びます。つまり、新聞やテレビで毎日見聞きする「遺伝子」「DNA」「ゲノム」「タンパク質」といったものが、どのように働くことによって私たちが「生きている」のか、を勉強します。

>もっとみる

卒業後の進路

生命理学科 最近5年間の卒業生の進路

卒業生の約半数は大学院(立教大学および国公立大学(東大、筑波大、横浜市立大など))に進学しています。 これは、専門教育を活かせる職に就くためには、 修士レベルの教育が必要であると考えられているからです。

学部卒業で就職した人たちは、幅広い分野で活躍しています。 食品・製薬・化学といったバイオ関係業種だけでなく、IT関連業種等にも多く就職しています。 これは立教大学理学部の「考え方の筋道を大切にする」 教育の伝統が認められているからです。


Copyright 2012 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)