立教大学大学院|法務研究科

法律基本科目|刑事法

知識を段階的に高めていくカリキュラムで
高い基礎力に基づいた応用力を身につけます

刑法は刑法総論と刑法各論に分けて講義されるのが一般的ですが、各論に含まれる犯罪の知識が無ければ総論を学ぶことは難しいことと、総論には各論と組み合わせて学んだ方が理解しやすい部分があることから、「刑法(1)(2)(3)」といった独自のカリキュラム編成とし、初学者が刑法を無理なく理解できるようにしています。
「刑法(1)」は、刑法の総合的な理解を得ることを目的に、刑法総論をベースにしながら、各論のうち総論学修として理解しておくことが望ましい犯罪論、総論でも特に各論との関わりが深い分野、総論に含まれる未遂・共犯論を扱います。「刑法(2)」は、「刑法(1)」で扱わなかった刑法総論の分野を扱い、「刑法(2)」では、主に財産犯、国家的・社会的法益に対する罪について理解します。刑法の教科書を読むと抽象的な議論が続く印象を持っているかもしれませんが、すべての理論的な問題は具体的な事案の解決と関わっています。そこで授業では、重要判例を多数検討する、実践と結びつけた形で刑法理論を理解していきます。
刑事訴訟法の学修は1年次秋学期から始まり、「刑事手続法概説」では、裁判官経験者の実務経験を交えた授業を通して捜査、公判、上訴といった刑事訴訟手続の流れを理解し、2年次春学期の「刑事手続法」で刑事訴訟法に関する理論的な基礎の一定の完成を、基本判例等を通して目指します。
刑法の知識については「刑事法演習(1)」で、刑事訴訟法の知識は「刑事法演習(2)」で、より強固なものにします。そして、3年次春学期に刑事事件の記録教材に基づいて刑事訴訟実務を実践体験する「刑事実務の基礎」を履修し、3年次秋学期には「刑事法演習(3)」でそれまでの知識を総合的な刑事法理解力へと発展させます。

刑事法科目
刑法(1)、刑法(2)、刑法(3)、刑事法演習(1)、刑事法演習(2)、刑事法演習(3)、刑事手続法概説、刑事手続法
【関連科目】
◎選択科目Ⅱ(実務演習科目) 刑事実務演習
◎選択科目Ⅱ(発展演習科目) 刑事法発展演習
授業紹介
辰井聡子教授
刑事法演習(3)
担当教員(左)廣瀬 健二 教授
担当教員(右)深町 晋也 教授

「刑事法演習(3)」は、3年次秋学期(3年標準型)に配置されているように、刑法と刑事訴訟法の理解度を一段と高める総合演習です。3年次秋学期までに身につけた判例・事案の分析力を基に、多くの論点を含んでいる長文問題の妥当な解決策の検討を通して、法的問題の発見力、事実認定力、法理論構成力を養うことを目標にしています。授業で特に重視している点は、基礎知識の再確認と基礎知識を応用できる力の養成です。そのため刑法であれば、財産犯と共犯、刑事訴訟法については捜査と公判というような複数の論点が組み合わさると判断が難しくなるような事案にしています。しかし、基礎を確認せずに、応用領域だけを理解しようとすると消化不良になってしまうため、授業では基礎的な定義や判例知識を確認しながら、質問内容のレベルを上げていくようにしています。
また、起案力の基礎となる文書表現力を高めるために、授業には起案の上で臨んでもらい、ソクラティック・メソッドによる質疑応答により理解度を高めた上で、再度、起案してもらうように指導しています。実務家に求められる、起案力、コミュニケーション力、法的な思考力を総合的に身につけることができます。

このページの先頭に戻る