立教大学大学院|法務研究科

実務基礎科目

裁判官、検察官、弁護士に欠かせない実務遂行能力を
経験豊かな実務家教員が養成します

実務基礎科目は、法曹として身につけておかなければならないリーガルマインドと法的スキルの養成を目的にしています。特に重要な分野となる、「法曹倫理」、「民事実務の基礎」、「刑事実務の基礎」、「法文書作成」を必修科目にしています。
「法曹倫理」では、法曹として日常業務に従事する中で問題になる倫理について事例問題を通して理解していきます。例えば、弁護士が守らなくてはならない守秘義務と誠実義務が相反する局面における対処方法について、事例問題を通して理解します。
「民事実務の基礎」では、紛争を法的問題として再構成し、法律を適用してその解決を図る技術を修得します。法律知識を用いて、事案解決策を導くという法曹職務の要の部分について手厚く学べるのが立教法科大学院の特色です。また、「法文書作成」では、契約書、内容証明書、法律意見書といった弁護士実務で求められる最も基本的な3種類の書面の起案方法について、事例問題を通して身につけます。
「刑事実務の基礎」では、被疑者・被告人に保障されている権利をはじめ、適正手続、捜査機関の権限と訴追裁量権、証拠の採否、事実認定、量刑などの生きた実務刑事法を、事件記録教材や裁判例を用いた授業で身につけます。
選択科目には、学生が裁判官、検察官、弁護人役になり裁判運営を体験する「模擬裁判(刑事)」や「模擬裁判(民事)」、実際の法律相談に立ち会った上で紛争解決策を具体的に思考する「リーガルクリニック」、弁護士事務所や企業法務部を体験する「エクスターンシップ」があります。

実務基礎科目
法曹倫理、民事実務の基礎、刑事実務の基礎、法文書作成、
模擬裁判(民事)、模擬裁判(刑事)、リーガルクリニック、エクスターンシップ
授業紹介
川添利賢特任教授
民事法演習(5)
民事法演習(6)
民事実務の基礎
模擬裁判(民事)
エクスターンシップ
リーガルクリニック
担当教員 川添 利賢 教授

「民事実務の基礎」は、民事実体法と民事手続法の知識を実際の紛争解決に活用するために必要な考え方、手法、技術を身につけることを目的にしています。民事実務では、紛争を法的問題として再構成し、法律を適用して解決を図ることが求められるわけですが、そのためには紛争事案に含まれる多数の事実から法的に重要な事実を抽出できる力と証拠に基づく事実認定能力が欠かせず、授業を通してその力を身につけていきます。
授業では、法理論を実務に橋渡しする考え方の要件事実を、「民事法演習(5)」で身につけた基本的なレベルから、種々の紛争態様に対応できるレベルへと高めるために、できるだけ多くの事例問題を研究します。民事訴訟の根幹を成す、主張と立証責任、要件事実、事実認定を統合的に身につけられるように、解説には裁判官としての私の経験を交え、イメージをしやすくしています。
また、訴状や答弁書の起案、争点整理や心証形成などの演習も授業に取り入れており、まさに民事訴訟実務の基礎を身につけることができます。

このページの先頭に戻る