立教大学大学院|法務研究科

各種サポート

法曹実務研究所

法曹実務研究所は、一般市民の法律相談に応じるリーガルサービスの拠点であると共に、法務研究科生の臨床教育の場にもなっています。併せて実務法曹のプラクティスに関する共同研究支援にも取り組んでいます。リーガルクリニックサービスや共同研究成果の還元を通じて社会に貢献しています。

法曹実務研究所

観光ADRセンター

学校法人立教学院は、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR法)が定める認証紛争解決事業者認証を法務大臣から受けて、観光ADRセンターを設立し、旅行契約や宿泊契約に伴うトラブルの調停を行っています。調停は、弁護士、立教大学観光学部または法務研究科の専任教員、そのほかの学識経験者から選任された3人の調停人によって行っています。

法曹実務研究所

ビジネスロー研究所

立教大学内部のビジネスローに関する研究機関です。金融取引法、知的財産法、国際経済法、法社会学などの先端法分野の専門家、さらには経済学、社会学の専門家が集い、ビジネスローを中心としたさまざまなプロジェクトを進めています。また、特に法務研究科の学生を対象に、「法務研究科特別セミナー」を開催し、最先端の法的問題にふれる機会を創出しています。

ビジネスロー研究所

立教法曹会

立教法曹会は、立教大学または立教大学大学院を卒業した司法試験合格者による組織で、立教法曹会の会員には、弁護士だけでなく、裁判官、検察官、研究者もいます。その立教法曹会が、法務研究科における教育を多面的に支援しています。エクスターンシップや就職における協力を行ったり、若手会員による在学生への学修支援などを行っています。法曹実務研究所、観光ADRセンターとの共同研究も進めています。

立教法曹会

その他院生支援

法務研究科院生は、在学中、一定の枠内で学内の有料コピー機で使用可能なコピーカードが提供されます。 また、先輩後輩の枠を越えた学生同士の勉強会を開催する環境が整っています。

このページの先頭に戻る