ハンバーガーメニュー
大学院 法学研究科

大学院 法学研究科

未知のものに向き合う謙虚さと真剣さ 理解のために考え抜く忍耐と大胆さ

立教大学大学院法学研究科は、法学および政治学を、専門的に深く学びたい方々のための研究科です。専門的に学ぶためには、それぞれの研究対象や学問領域について、これまで知られていることを修得することが不可欠です。しかしそれだけでは深く学んだとは言えません。このような既知の事柄の上に、新たな知を加えようとすること、未知の事柄を見つけ出し、これまでそのようには考えられていなかったことを考える、そのような営みこそが深い学びの核心にあるのです。こうした学びの中で鍛えられるのは、未知の対象や知識に対して謙虚かつ真剣に向き合う姿勢と、それを理解するために考え抜く忍耐と大胆さです。そしてこの深い学びの精神を通じて、法学・政治学の専門知が、社会とその中で生きる自己自身のあるべき姿の模索のための、たしかな指針となるのです。

2コース制を導入─アカデミック・コースとプロフェッショナル・コース

2018年度より、「アカデミック・コース」と「プロフェッショナル・コース」の2コースを開設します。「アカデミック・コース」は、専門分野の高度な研究能力を養い、学術的な修士論文を執筆し、さらに博士後期課程に進学して法学・政治学の研究者を目指す人たちを受け入れます。「プロフェッショナル・コース」では、法学や政治学の専門性の高い授業と指導を基礎にリサーチ・ペーパーを執筆し、法律専門職、公務員、企業の法務部門、行政機関等の研究所、NGO・NPOなどで働くことを目標とする人たちや、退職後の第二のキャリアを目指してブラッシュアップしたい人などへの教育を提供します。なお、法学部4年次から法学研究科前期課程の科目を履修し、前期課程進学後1年で修了することができる法学研究科特別進学生制度も設けています。意欲的に学業に取り組み、迅速なステップアップをめざす学生を強く支援します。詳しくは、法学政治学専攻を御覧下さい。

専攻 募集人員 学位(専攻分野名) 単位互換協定校
法学政治学専攻 博士課程前期課程 20名 修士(法学/政治学) 学習院大学
成蹊大学
中央大学
日本大学
法政大学
明治大学
(各政治学専攻)
博士課程後期課程 10名 博士(法学/政治学)

※ こちらに掲載されている法学研究科の情報は、2017年5月現在のものです。
研究科に所属する専任教員等に関する最新の情報は法学研究科 TEL03-3985-3365までお問い合わせください。お問い合わせ時点での情報をお伝えします。

特別進学生制度(2014年度開始)

法学部4年次に法学研究科博士課程前期課程の講義を履修し、前期課程進学後1年で課程を修了することができる制度です。本制度により、学部と前期課程の通算5年間で修士号の取得が可能です。研究者を志望する、あるいは資格試験の受験を考えている学部生、社会人になるにあたり専門的に学問を修めたいと考える学部生を対象に、集中的に研究・勉強する環境を提供します。詳しくはこちら

院生からのメッセージ

法学研究科 博士課程 後期課程 K.Y.さん

C.F.さん 研究を志した理由、大学院に進学する理由は様々だと思います。ふとした出来事がきっかけになることも、しばしばあるはずです。私自身、漠然と歴史に興味を抱いていましたが、具体的にハンガリー政治史に関心を寄せるようになり、現在の大きな研究テーマにまでなっています。ここ、立教大学大学院法学研究科では、各々の院生が多様な目的を持って日々研究に取り組んでいます。そして、我々の研究をサポートしてくれる環境も充実しています。十分に確保された研究スペース、院生間での文献講読会も行われています。先生方との距離が非常に近いのも特長と言えるでしょう。恵まれた環境の中で研究に従事出来るということは、私にとって非常にプラスとなっています。

法学政治学専攻

法学政治学専

専攻のポイントや授業科目を紹介します。

専任教員と研究

専任教員と研究

専任教員と専攻分野、研究テーマを紹介します。

大学院生サポートQ&A

大学院生サポートQ&A

大学院生のための研究環境や研究支援について説明します。

入試案内

入試案内

募集人員、入試情報、入試要項をご覧になれます。

ページトップへ