ハンバーガーメニュー
教員・研究

立教法学

『立教法学』(RIKKYO HOGAKU St.Paul's Review of Law and Politics)は、立教大学法学部が発行する研究紀要です。第1号から最新号までの掲載論文等は以下の「立教大学学術情報リポジトリ(立教Roots)」にて、pdf(アクロバット形式ファイル)でも公開されています(一部の論文等を除きます)。

『立教法学』最新号の内容

『立教法学』96(2017)

講演

フランスにおける民事責任法改正草案(2017 年3 月13 日の改正草案) ・・・・・・・・・・・・・オリヴィエ・グート(リヨン第3 大学教授) 野澤正充(訳)

論説

明治皇室典範と典憲二元体制;穂積八束から宮沢俊義へ ・・・・・・・・・・・・・原田 一明

カーター外交とパキスタン1977~1980 ──人権、核拡散、新冷戦をめぐる政策調整問題── ・・・・・・・・・・溝口 聡

研究ノート

事業法と独禁法 ──NTT 東日本事件と新潟タクシー事件を素材として── ・・・・・・・・・・・・・舟田 正之

資料

外務省経済局「第五回主要国首脳会議議事録」・・・・・・・・・・・・・白鳥 潤一郎

ページトップへ