ハンバーガーメニュー
教育

国際交流制度

協定校派遣留学

立教大学では現在、26の国・地域、87校と大学間の国際交流協定を結んでいます(2017.10現在)。選考試験に合格した学生は、学費免除などを受けて、海外の大学へ約半年から1年間留学でき、在学のまま留学を選択した場合、留学期間は在学期間に算入されます。法学部からも、毎年数人の学生が留学しています。

協定校派遣留学

立教大学法学部は2015年、シンガポール経営大学(法学部)との学部間交流協定を締結し、学部学生の交換留学を含む交流関係をスタートさせました。派遣留学に選ばれた法学部生は、約1年もしくは半年間、同大学の授業を英語で履修できます。

MESSAGE

国際ビジネス法学科 4年 T.K.さん
梨花女子大学(韓国) 2016年2月~2016年12月

私は、2016年2月から12月までの10か月間、韓国の梨花女子大学に派遣留学をしました。前期は英語での授業を中心に受講していましたが、後期は全て韓国語での授業を受けることができました。後期には、民法総則の授業をとりましたが、日本と韓国の民法はかなり似ているところがあるので、興味を持って学ぶことができました。私は立教大学女子ラクロス部に所属しており、留学先でもラクロスをする機会に恵まれました。10月に行われた大学リーグでは、所属大学が優勝することができました。スポーツを通して知り合った友人は私にとって一生の宝物です。このような素晴らしい機会を与えてくださった方々、特に櫛引賞という奨学金をくださった櫛引様へ心から感謝をし、報告といたします。

※櫛引賞については奨学金制度のページ参照

梨花女子大学正門前で ラクロス大学リーグにて 留学生達と漢江にて ラクロス大学リーグで優勝
梨花女子大学正門前で ラクロス大学リーグにて 留学生達と漢江にて ラクロス大学リーグで優勝

法学部とシンガポール経営大学(法学部)の学部間交流協定

法学部とシンガポール経営大学(法学部)は、このたび学部間交流協定を締結し、新たに学部学生の交換留学を含む交流関係をスタートさせることになりました。法学部単独の交流協定としては、初めての締結となります。

シンガポール経営大学は、2000年に設立と比較的歴史が新しいものの、国内では創設3番目の大学です。変化の多い時代に対応できるリーダーや起業家を輩出することを目的に、シンガポール政府が出資し、米国ウォートン・スクールをモデルとして設立されました。現在は、6つの学部を備え、少人数制でゼミ形式での教育を特徴としています。キャンパスは、シンガポールの中心部に位置しています。世界各地の200を超える大学と積極的に提携を進めており、日本では一橋大学や早稲田大学、九州大学等と交流協定を締結しています。

協定校情報

  • 学校名 : シンガポール経営大学 (Singapore Management University)
  • 大学ホームページ : http://www.smu.edu.sg/
  • 所在地 : シンガポール、ブラスバサー
  • 使用言語 : 英語
  • 創立年 : 2000年
  • 設立形態・学生数 : 国立、約7,900人
  • 開講学部 : 会計学部、経営学部、経済学部、情報システム学部、法学部、社会科学部
教育
立教大学法学部の教育
専門講義
基礎文献講読
演習
学生によるゼミナール紹介
国際交流制度
奨学金制度
ページトップへ