ハンバーガーメニュー
教育

国際交流制度

協定校派遣留学

立教大学は現在93大学と大学間交流協定(うち学生派遣は84校)を結んでいます(2017.03現在)。選考試験に合格した学生は、学費免除などを受けて、立教大学と国際交流協定を結んでいる海外の大学へ約1年間留学でき、在学のまま留学を選択した場合、留学期間は在学期間に算入されます。法学部からも、毎年数人の学生が留学しています。

協定校派遣留学

立教大学法学部は2015年、シンガポール経営大学(法学部)との学部間交流協定を締結し、学部学生の交換留学を含む交流関係をスタートさせました。派遣留学に選ばれた法学部生は、約1年もしくは半年間、同大学の授業を英語で履修できます。

MESSAGE

2017年 法学科卒業 Y.Y.さん (トビタテ! 留学JAPAN日本代表プログラム3期生)
ライデン大学(オランダ) 2015年8月~2016年7月

私は立教大学の派遣留学制度を利用して、オランダのライデン大学に留学していました。大学の留学制度を利用するメリットは、数多くあります。私は在学留学を希望していたので、帰国後に留学先で取得した単位を立教大学の単位として認定してもらいました。また、2014年度法学部櫛引賞を受賞し、いただいた奨学金を留学の準備費用に充てることができました。ライデン大学では、主にEU法の授業を履修していました。日本とは異なるダイナミックな法体系を学ぶことで、日本の法律を学ぶ上でも視野が広がりました。留学を通して身につけた空間軸と時間軸の考え方は、今後も自分のよりどころとして大切にしていきたいです。

※櫛引賞については奨学金制度のページ参照

オランダ語のコースにて。 ミッフィーと一緒に オランダ名物パンネクック
オランダ語のコースにて ミッフィーと一緒に オランダ名物パンネクック
教育
立教大学法学部の教育
専門講義
基礎文献講読
演習
学生によるゼミナール紹介
国際交流制度
奨学金制度
ページトップへ