ハンバーガーメニュー
学部・学科案内

政治学科

政治という人間の営みについて徹底的に考えてみよう 現実を分析し未来を構想する力を身につける

世界・社会の問題を見つける

政治学を学びたいと思う動機は、人それぞれでしょう。たとえば、素朴な疑問。なぜ戦争はなくならないのか。なぜ世界には豊かな国と貧しい国があるのか。なぜ苦しんでいる人々を助ける制度や仕組みがないのか、あるいはその制度がうまく働かないのか。なぜ多くの人々が望ましいと思う施策が実現されないのか。価値観や利害の異なる人々が共同して目的を達成するにはどうしたらよいのか。そして私たちひとりひとりの意志と能力をよりよい社会のありかたに結びつけるにはどうしたらよいのか。でも、こういった疑問に対する模範解答を手に入れることが、政治学科で学ぶ目的ではありません。

疑問を自分で解いていく

政治学科が目指すのは、私たちがいだく疑問を自分で解いていくための知識と方法とを学ぶこと。まず問題がどこにあるのかを的確に見つけだすにはどうしたらよいか。そして、国家と国家、あるいはひとりひとりの人間が集まってどうやって秩序とルールをつくっていくのか。そのためには情報の集め方、分析の仕方、政治の理論、歴史的背景、日本だけでなく世界の様々な政治と制度を知ることが有効です。そして現代では、メディアやネットの力を知るだけでなく、表面的ではない正しい結論を得るために、調査や実験、計量的な最新の手法も政治学のツールになっています。

ヴィジョンと解決力

政治学科で身につけた知識と能力は、将来、社会で活躍するときに様々な場面で役立てることができます。たとえば公務員として、あるいは政治家となって行政・政治を動かす。ジャーナリストとして世界や日本の動きを分析し報道する。公私の組織の運営のための的確な判断を行う。市民社会や職場や自然環境をめぐる問題を発見し、解決へみちびく。刻々と変わっていく世界の中で自分のヴィジョンを確立し、広く人間社会にはたらきかけていくために、立教大学の政治学科で学んでみませんか。

学生からのメッセージ

写真

政治学科3年
W.E.T.さん

こんにちは。政治学科の和田です。政治学科では政治に関する様々な授業が提供されています。例えば、私が履修をした授業なら、ヨーロッパ政治論という授業では、現代のヨーロッパの難民問題について勉強し、日本政治史では卑弥呼の時代から、戦前の日本政治について取り扱うなど、古今東西の政治について勉強することができました。しかしながら、政治学科とはいえ法学部ですから法律科目についても履修ができ、憲法や刑法も学ぶことができました。私が特に興味のある現代のヨーロッパ情勢を調べる時に、図書館に複数の新聞社の新聞があり、読み比べてより深く勉強することもできました。また隣接するタリーズコーヒーでの息抜きが何よりも至福です。

私のキャンパスライフ

写真

カリキュラム(2017年度)


※ 画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧いただけます。

※2016年度から学士課程統合カリキュラムの導入で全学共通カリキュラムという名称はなくなり、多彩な学び・スポーツ実習、多様な言語(英語・初習言語)、立教ファーストタームプログラムなどを含む新しい大学の学びが始まります。

学部・学科案内
学部長挨拶
法学科
国際ビジネス法学科
政治学科
ページトップへ