ハンバーガーメニュー
学部・学科案内

法学科

法の視点から問題を問い直し解決する力やより良い秩序を創造する能力の育成

法を通して社会を知る

私達が漠然と暮らしている街や国さらには国際社会では、一見して様々な人やモノが無造作に活動しているように見えるかもしれません。しかしそこにはそれぞれの「秩序」があり、それにしたがって動いています。そして、そうした秩序を形作っているのが、法です。
法学科では、そうした社会秩序の基本骨格としての法を知り、社会の中で生じる様々な問題について何が重要な論点なのか(問題発見力)、それをどのように解決していくのか(問題解決力)、そして将来的にどのような社会秩序を作り出していくべきなのかを考える力(制度構築能力)を身につけます。

法的素養を備えた市民の育成

基本的な法学の素養を身につけることは、法曹(弁護士、裁判官、検察)を志す人、あるいは国家公務員、地方公務員、司法書士、企業法務部員など法律に関係する専門職に就くことを思い描いている人たちだけではなく、NGOなどを通じた社会への働きかけを行ったり、あるいは普段の市民生活を過ごしたりする上でも、不可欠なものです。
法学科では、そうした素養を十分に身につけるために必要な法学の基本的知識を習得します。その上で、みなさん個人個人の関心に応じた応用的・発展的な法分野を学習することで、専門分野にとらわれない広い法的素養に裏付けられた判断を下し、問題に対処していくことができるようになることを目指しています。

法的思考力の実践的な修得

法は単に従わなければならないというものではありません。それは、様々な人々の思いを調整し、問題を解決するための出発点となり、また議論を通じた解決を導くきっかけとなったりします。
演習や少人数講義では、実際の裁判や事件でどのように法が適用され、紛争の解決を導いたのか、また私たちが暮らす社会をより良いものにしていくために、法や制度をどのように変えていくべきかを実践的に学びます。こうした学びを通じて、どの分野で活躍するにしても求められる法的思考能力(リーガル・マインド)を身につけ、社会を先導する役割を果たす人材を育成することが、私たちの目標です。

学生からのメッセージ

写真

法学科4年
T.T.さん

法学科には“堅い、厳しい”というイメージが周りからもたれやすいと私は感じます。しかし、法学部では1つ1つの法律ごとに、例えば民法や刑法というような種類ごとに先生方が詳しく教えてくださいます。その中でも私は、刑法について演習でも深く学んでいる最中です。今まで日本で発生した犯罪にどんな法律が適用され、どのような事案があったのかを学ぶことは非常に興味深く社会的にも重要なことだと私は考えています。多くの文献を読むことや議論することは大変ですが、今では論理的思考力を養うことが出来たと実感しています。法学科であるからといって時間が限られるわけではなく、サークルやボランティア活動など様々な事にチャレンジできますよ。

私のキャンパスライフ

写真

カリキュラム(2017年度)

※ 画像をクリックすると大きなサイズの画像をご覧いただけます。

※ 2016年度から学士課程統合カリキュラムの導入で全学共通カリキュラムという名称はなくなり、多彩な学び・スポーツ実習、多様な言語(英語・初習言語)、立教ファーストタームプログラムなどを含む新しい大学の学びが始まります。

学部・学科案内
学部長挨拶
法学科
国際ビジネス法学科
政治学科
ページトップへ