ハンバーガーメニュー
学部・学科案内

学部長挨拶

人のために法はある

Hominum causa ius constitutum estというラテン語の諺があります。「人のために法はある」という意味です。法と政治は、人と人との約束から作り上げた制度です。ではそれは、わたしたちの暮らしている社会で、本当に人のためになっているでしょうか?人はそれぞれ守るべき価値をもち、その一つ一つが尊重されねばなりません。しかし、人と人との間には、時として深刻な矛盾や対立が生じ、あるいは個別の利害を超えた共感と協力が生じます。法学部での勉強の目的は、矛盾や対立の解決、あるいは共感と協力を確かなものにするための道を探ることにあります。そのためには、既存の法律や制度を学習し、ただそれをうまくやりくりする技術を習得するのではなく、状況を的確に把握し、先人が蓄積してきた経験と知識と技術を活用して、新しい道を切り開いていく力を身につけねばなりません。それぞれがかけがえのない、しかし多様な人々が共存していく方法を見出していくための知恵の体系が、法学と政治学なのです。

法学部というと、狭い意味での法律関係の職業や政治に関わる仕事のための勉強をするところというイメージをもつかもしれません。しかし法学部で学ぶ知識と思考法は、社会のさまざまな場での問題解決と協力の構築に不可欠なものです。たとえどのような困難に直面しようとも、私たちはより良い未来を構想する努力をやめるわけにはいきません。私たちはその努力こそ価値あるものと考えます。

ようこそ、立教大学法学部へ。

法学部長 松田 宏一郎

法学部長 松田 宏一郎

法学部の歩み

1874年
  • 米国聖公会ウィリアムズ主教による立教学校創設
1922年
  • 旧制大学に昇格
1959年
  • 法学部法学科創設
1961年
  • 大学院法学研究科比較法専攻設置
1969年
  • 大学院法学研究科民刑事法専攻設置
1988年
  • 国際・比較法学科創設
1991年
  • 大学院法学研究科政治学専攻設置
1996年
  • 政治学科創設
2006年
  • 大学院法学研究科法学政治学専攻に改編
2007年
  • 国際・比較法学科を国際ビジネス法学科に名称変更
学部・学科案内
学部長挨拶
法学科
国際ビジネス法学科
政治学科
ページトップへ