★☆★【2005年1月】 立教大学校友会メールマガジン 第9号 ☆★☆
                       
                     2005.1.11(配信数 約2,600)

 こんにちは!立教大学校友会メールマガジン第9号です。

 新年あけましておめでとうございます。みなさまそれぞれに
良いお年をお迎えのこととお慶び申しあげます。
 今年はどんな出来事がみなさまを待っているのでしょうか?!
明るいニュースにあふれた日々でありますように・・・
 今年もみなさまのご愛読を賜れますよう、校友会スタッフ一同、
さらにがんばってまいります!どうぞよろしくお願い申しあげます。

 それでは校友会メールマガジン第9号をお楽しみ下さい!
     
**********************************************************************

立教大学校友会メールマガジンバックナンバーはこちら
 → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/koyu/merumaga-back.htm

立教大学校友会ホームページをご覧下さい。
 → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/koyu/

立教大学校友会メールマガジン配信の解除、配信先の変更はお手数ですが、
解除、配信先の変更等内容明記のうえメールにてご連絡ください。
 → koyu-maga@grp.rikkyo.ne.jp
 
立教大学のホームページ
→ http://www.rikkyo.ac.jp

立教大学メールマガジンの登録・解除の申し込み
 → http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/univ_data/mm/index.html
 
**********************************************************************

  [第9号 Contents]
 ○1.連載 立教うんちく話 第9回『創立者ウイリアムズ主教』
 ○2.連載 校友便り 第9回 渡辺多樹子(H1.日文)さん    
 ○3.校友会行事情報  
 ○4.立教大学からのお知らせ 
  (1) 公開講演会・講座等のお知らせ
  (2) 立教学院創立130周年記念行事
  (3) 立教大学キャリアアップセミナーのお知らせ
  (4) 立教大学独立研究科のお知らせ
  (5) キャリアセンターから校友の皆さまへ
  (6) 立教カードのご案内
  (7) (株)立教企画からのお知らせ 
    派遣スタッフの募集
○5.「立教小学校Rushers」・「Rushers Football Club Junior(RFCJ)」
  『第5回 フラッグフットボール日本選手権』で優勝
 ○6.校友通信

**********************************************************************

 ○1.立教うんちく話 
   
  このコーナーでは毎回、『立教』に関する”うんちく”を取り上げて
 ゆきます。第9回は、立教の『創立者 ウィリアムズ主教』に関する
うんちくです。

《ウィリアムズ主教 Channing Moore Williams(1829~1910)》

  道を伝えて己を伝えず。日本聖公会初代主教であり、立教の創立者である
 ウィリアムズ主教を語る時、この言葉がよく用いられます。神の福音以外に
 自分の名が残ることを恐れ、写真を撮らせることもなく、日記や手紙の類を
 多くは焼却してしまったといわれています。真の信仰者としての道を貫いた
 主教の生涯をあらためてご紹介しましょう。

  ウィリアムズは、1829年7月18日、弁護士ジョン=グリーンとその妻
 メリー=アニーの第5子として、米国・ヴァージニア州の州都リッチモンドに
 生まれました。熱心な信徒であった両親は、生まれたばかりのウィリアムズを
 教会に連れて行き、教区主教リチャード=チャニング=ムーアによって洗礼を
 授けてもらい、その尊敬する牧師の名を洗礼名としました。
  幼くして父を亡くしたウィリアムズでしたが、信仰心の篤い母メリーのもと
 青年期を迎え、ウィリアム・メリー大学を卒業し、1852年、ヴァージニア
 聖公会神学校に入学しました。米国聖公会の海外伝道が盛んになると、中国
 (当時の清)への派遣を志願、上海へと渡りました。1855年、26歳の
 時のことです。
  やがて「日米修好通商条約」が結ばれ日本が五つの港を開くと、かねてより
 日本伝道を急いでいた米国聖公会により、ウィリアムズは、日本へ派遣される
 こととなり、1859年6月、長崎港より来日しました。 
  偉大な志を持って伝道に従事したウィリアムズは、1874年、東京・築地に
 英学と聖書を教える私塾を開きました。わずか数人の生徒で始まったこの小さな
 学校「立教学校」が、立教大学のはじまりとなりました。1887年、尽力の末、
 日本聖公会を組織しますが、その2年後には、本来の福音の伝道に打ち込みたい
 との思いから主教(監督)の職を辞し、その後は、一介の宣教師として、老躯に
 むち打ち、地方への布教を続けました。
  1908年、50年の間全身全霊を捧げ尽くした、愛する日本を離れ帰国し、
 翌々年、故郷リッチモンドで永眠されました。81歳でした。 
  ウィリアムズ主教の眠るリッチモンドのホーリーウッド墓地には、1913年、
 主教を慕う日本聖公会の有志により追慕碑が捧げられました。その碑面には
 「道を伝えて己を伝えず」と刻まれているのです。

  ちなみに、池袋キャンパスのウィリアムズ主教像は、1967年、彫刻家・
 三坂耿一郎氏(日本芸術院会員)により制作され、校友会によってチャペル
 前庭に建立されました。 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○2.連載 ~校友便り~

  このコーナーでは、校友の皆さまにコラム・エッセイ・評論…等、
 自由に執筆していただいたものを掲載いたします。
  第9回は 渡辺多樹子(H1.日文)さんです。

~校友便り~ 第9回《三つの坂》

  メールマガジン読者の皆様、明けましておめでとうございます。新年早々の
 この季節、昨年はこうだったなぁ、今年はこうしたいなぁ、等と 新年の抱負を
 語り合ってみたり、あるいは心密かに自分だけの願いを思い描いてみたり・・・
 していませんか? 個々の願い事は様々でも「良い1年になりますように」と
 いう思いは世界中の人々にとって共通の願いに違いありません。果たして今年は
 どんな一年になるのでしょう。
  昨年暮れにあるTV番組を見ていたところ、とても印象に残る言葉に出会うこと
 ができました。「人生には三つの坂がある。上り坂、下り坂、そしてまさか!」
 というものです。特にこの「まさか」、“なるほどうまいこというなぁ”と自分
 の過去を振り返りつつ妙に納得した次第です。
  昨年私にやってきた一番大きな坂は、まさにこの「まさか」の出来事でした。
 夫が急な転勤を命じられ、2週間以内に行き先での新居を探し、引越しまで済ま
 せることに・・・。さらに私はその1週間後までに自分自身の退職手続きを終え、
 東京からここ名古屋へやって来ました。3週間という時を挟んで生活環境は急変。
 生まれて初めて降り立った街でいつの間にか生活が始まっていた、という感じで
 した。あれから3ヶ月。今ではすっかりこの街が気に入り、昨年の年頭には思っ
 てもいなかった土地での新生活を堪能中です。「まさか」は常に多少の驚きと共
 にやって来ますが、その人にとって経験するに値する坂なのかもしれません。
  さーて、今年はどんな所からどんな坂がやって来るでしょう。例えどんな坂で
 あっても皆様にとって良き方向への道しるべとなりますように。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○3.校友会行事情報 

◇1月の行事情報
    校友会HP・月間alumniをご覧ください。
    → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/koyu/03alumni.htm

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 ○4.立教大学からのお知らせ 

(1) 公開講演会・講座等のお知らせ
  
  → http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/info/koenkai/index.html

(2) 立教学院創立130周年記念行事のお知らせ
  → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/gakuin/gyouji/ichiran/index

(3) 立教大学キャリアアップセミナーのお知らせ

 全17講座を開講しています。卒業生の皆様の受講をお待ちしております。

 詳しくはこちら
  → http://www.rikkyo.ne.jp/tvs/maruzen/career-up/index.htm

(4) 立教大学独立研究科のお知らせ

 ☆立教大学3独立研究科<昼夜開講>をご紹介致します。詳しい内容は、
  下記ホームページをご覧ください。

 ・ビジネスデザイン研究科 → 事業の構想力を育成・開発する。
     ⇒ http://www.rikkyo.ne.jp/%7Ez3000142/bizsite/index.html

 ・21世紀社会デザイン研究科 → 新たな市民社会のグランドデザインを構想する。
     ⇒ http://www.rikkyo.ne.jp/~z3000142/sd/index.html

 ・異文化コミュニケーション研究科 → 英語教育、通訳・翻訳、多文化社会、
   環境を考える。
     ⇒ http://www.rikkyo.ne.jp/%7Ez3000257/i-c/index.html

(5)キャリアセンターから校友の皆さまへ
 ☆「立教ビジネスクリエイター塾」のお知らせ
  「立教ビジネスクリエーター塾」では、若手社会人のキャリアアップ・
   異業種交流を目的に本学ビジネスデザイン研究科ならびにキャリアセンター
   の後援のもと、立教大学卒業生で組織化されています。
   社外での人脈を作りたい方には最適です!
  毎月1回第3土曜日にテーマにあった講師の方をお招きし、講演・意見交換を
  していきます。
   詳細は ⇒ http://www.rikkyo.ne.jp/grp/career/rbc/index.html

 ☆『校友の皆さま 就職に関するアンケート』にご協力ください!
   詳しくはこちら → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/career/koyu/msg.html

(6)立教カードのご案内
   後輩達への新しい応援の形となる立教カード。詳しくは下記HPをご覧下さい。
     → http://www.rikkyo.ne.jp/grp/rikkyocard/

(7)派遣スタッフ登録受付中!(通年募集)

あなたの経験や能力を派遣スタッフとして活かしてみませんか。
 スキルアップしながら新しい分野で働くことも可能です。
  派遣先は、立教大学または関連する部局、他大学、事務所等。
  また、会社・事務所で派遣スタッフを起用したいとお考えの校友の方々。
 ぜひ、ご相談ください。
 
 お問合せ・お申込は 株式会社 立教企画
 〒171-0021東京都豊島区西池袋5-10-5セントポールブラザ3階(立教大学正門前)
 TEL03・3985・2856 FAX03・3985・2844
 e-mail:tfukuda@tvs.rikkyo.ne.jp「派遣登録問合せ係」宛
 URL:http://www.rikkyo.ne.jp/grp/kikaku

   株式会社立教企画は、学校法人立教学院がキリスト教に基づく教育を施し、
 「共生・共助」の教育理念の実行を将来可能とする安定した経営体制を確立するため、
 新たに収益事業を行うことを目的として設立いたしました。
  立教大学をはじめ、他大学、研究教育機関等への人材派遣をし、他に施設等貸出管理業、
 保険代理業、教育環境整備業等おこなっております。
  お気軽にお問合せ、派遣登録をお願いいたします。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○5.「立教小学校Rushers」・「Rushers Football Club Junior(RFCJ)」
  『第5回 フラッグフットボール日本選手権』で見事優勝!!
   詳細はこちら
   → http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/univ_data/topics/topics2004/rushers1-3-2.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○6.校友通信 ~ Alumni Message board ~
     
  *このコーナーでは、各立教会・サークルOB・OG会・同窓会等の各種
  会合等のご案内をする予告欄として、校友の皆さまに使用していただければ
  と考えています。内容は、各種会合名、日時、場所、会費、お問合わせ先等
  の必要最小限の情報でお願いします。
  このコーナーに掲載希望の方は下記要項にてお申し込みください。

  氏名・卒年・学部・学科 『校友通信掲載希望』の旨を明記の上、
  下記メールアドレスまでメールにてお申し込みください。
  スペースその他の関係で掲載できない場合もありますのでご了承ください。
   → koyu-maga@grp.rikkyo.ne.jp  

        
**********************************************************************

 ◎[注 意]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ※リンク先は、時間の経過とともに変更・消去されることがあります。
  ご了承ください。
 ※メールマガジンを転載、その他の利用によって生じる事象について、
  校友会では一切の責任を持ちません。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【発行】立教大学校友会
 【編集】立教大学校友会 情報委員長 和田 成史
   ご意見、お問合せ等は、下記までご連絡をお願いいたします。
    → 立教大学校友会 TEL 03-3985-2636 FAX 03-3985-3434 
     メール koyu-maga@grp.rikkyo.ne.jp
 
=================================