2014年度

  • ハイデガー『存在と時間』における「自己という事実」
  • ムッシュー・テストの可能性
  • 男性ファッションが構築してきた「男性性」の歴史とその変遷──スーツの誕生からエディ・スリマンまで
  • 『改造』論文と『危機』書におけるフッサールの「現象」概念の比較──「現象」のための現象学をめざして──
  • <私>のパースペクティヴ 短歌における <私> の変遷
  • ゲームの資本至上主義への傾倒について
  • 「BL(ボーイズラブ)」の認識をめぐる分析──先攻研究の批判的検討と歴史検討を通して―
  • 「清岡卓行『氷った焔』論」
  • 現代における美食の意義について──スローフード運動の「美食」理念の考察を通して
  • 現代・テクノロジー・進化──「仮想化」を駆動する3つの原理と性質と傾向──

ページの先頭へ