2011年度

  • "日野啓三論
    -アンチ・ストーリーから断章形式へ、そしてエピファニーへ-"
  • "公教育下における情操教育史の再解釈
    -マッキンタイアにおける「秩序-無秩序」の歴史解釈を応用して-"
  • 纏足に見る外的規定とアイデンティティ
  • "アヴァンギャルドの理論とパラドックス
    -近代社会の否定としての芸術-"
  • ノイズを感じる-『ホワイト・ノイズ』におけるノイズ
  • 高見順論―連枝としての詩と小説
  • 藤井武再考
    -愛と理想の射程から見た近代日本におけるキリスト者への一考察-

ページの先頭へ