1. 立教大学大学院 文学研究科比較文明学専攻TOP
  2. 専攻NOW
  3. 最新情報・行事
  4. 林文孝教授からイベント(7月31日)のお知らせ

林文孝教授からイベント(7月31日)のお知らせ

明治大学人文科学研究所総合研究「現象学の異境的展開」シンポジウム

今回のシンポジウムでは、「リズム」をテーマとして扱います。「リズム」とそれに付随する諸観念が古来、哲学、言語学、修辞学、詩学等で重要な役割を演じてきたことは周知の通りですが、その重要性は現代哲学においても変わることなく、特にエマニュエル・レヴィナス、アンリ・マルディネ、ジャック・ガレリなど現象学に着想を得た哲学者たちにおいて、刺戟的な分析がリズムをめぐって展開されています。また、『リズムの本質について』の著者クラーゲスも「現象学」という語を用いていますし、「リズム分析」なる方法を提起したバシュラールも独特な意味を込めて「現象学」という語を使っています。今回は、ゲストとして、姜丹丹氏(上海交通大学、国際哲学コレージュ)と、村上靖彦氏(大阪大学人間科学研究科)、小倉拓也氏(大阪大学未来戦略機構)をお迎えし、主著の邦訳もなく、日本では未だ知られざる哲学者にとどまっているアンリ・マルディネの思想を中心に、「リズム」なるものの豊かな領野に踏みこみます。(使用言語:日本語、仏語[通訳あり]、参加自由・予約不要)

 
日時 2016年7月31日(日)
会場 明治大学 駿河台キャンパス アカデミー・コモン 2階A5-6会議室(千代田区神田駿河台1-1)(駿河台キャンパス キャンパスマップ
時程 13:00-13:30 イントロダクション
13:30-14:30 「現代哲学とリズム論――クラーゲス、バシュラールからの系譜概観――」
合田正人(明治大学)
13:30-14:30 「マルディネにおけるリズムと発生の問題――文化横断的対話の視点から――」(仏語、通訳あり)
姜丹丹(上海交通大学、国際哲学コレージュ)
14:30-15:15 「現象とは何か――サルトル、レヴィナス、マルディネから――」
村上靖彦(大阪大学)
15:30-16:45 トーク・セッション「アンリ・マルディネ――美と狂気の現象学――をめぐって」
小倉拓也(大阪大学)×村上靖彦(大阪大学)×合田正人(明治大学)
16:45-17:30 全体討議

ページの先頭へ