専攻の特色

比較文明学専攻は次のような特色をもっています

従来の文科系と理科系、あるいは文科系内部での人文、社会、経済などといった学問領域の区分壁を越えて、新しい学問領域を開発し確立することに力を注ぎます。

比較文明学専攻の研究教育対象は、まず文明学上の諸問題(境界、言語多文化、欲望、言語表現、表象形式、など)の確認から出発して、そうした問題の解決にはどのような学問的なアプローチが必要であるか、といった方法論上の検討を経て構想されたものです。したがって比較文明学専攻の科目群は、従来の学問領域の枠を横断するような形で構成されています。

新時代の大学院の重要な役割の一つである「高度専門職業人の養成機能」、ならびにすでにそうした分野での仕事に従事した経験のある「社会人の再教育機能」という機能を積極的に担っていくために、比較文明学専攻の授業内容・形式は、理論的研究のみならず実務的、実証的研究にも十分に配慮した上で設定されています。

また、高度な職業的・学術的な識見を有する学外の専門家を積極的に招聘して講義を委嘱するなど、社会と大学との学問的、職業的な相互交流、相互刺激の促進に努めます。

比較文明学専攻では、学部・修士段階での専門区分にこだわりません

原則的には、あらゆる分野で勉強をされてきた人々を受け入れます。下記に例示したプロフィールは、けっして網羅的な性質のものではありません。

  • 英語、独語、仏語、スペイン語、東欧語(チェコ語など)、中国語、日本語、その他の言語や文学を学んできた人々
  • 地理学、歴史学、教育学、心理学、宗教・倫理学などを専門とする人文・文学系の学部に限らず、法学部、経済学部、社会学部、理工系学部、あるいは音楽・美術・デザインなど芸術系学部で学んできた人々
  • すでに社会の各方面で、とりわけ企業や自治体で文化関係の部署で仕事をされてきた人々、海外協力組織、地域や海外のボランティア組織などでの活動経験のある人々、文化関係NPO(公益事業所、研究所など)、文化施設の職員、学校の教職員を経験されてきた人々
  • 文化学、国際文化学、比較文化学、国際情報学、地域文化学、地域政策学などの学際的な学部、学科で学んできた人々
  • 日本研究を志す外国人留学生、研究者
  • 日本語の表現力の多様な可能性と現代文明の交わりによる創作を目指してきた人々
  • 表象文化による現代文明における人間の表現可能性を追求してきた人々
    

比較文明学専攻では、修了者の進路として以下のような
新しい研究分野、職業を想定しています

  • 比較文明学専攻博士課程においては、現代文明学、文明工学、言語多文化学、文明表象学など新しい学問分野での先駆的な研究者の養成を目指しています。
  • 現代文明学、言語多文化学は、すでに地域でのボランティア活動や海外協力活動などに従事した経験のある人々を積極的に受け入れて、こうした人々の再教育と自己相対化の場としても考えられています。将来再び国際協力組織、国際機関あるいは地域での活動に従事しようと思う人々や、他の関連分野に進もうと考える人々には、最適の領域(科目群)です。
  • 現代文明学は、英語、独語、仏語、スペイン語、東欧語(チェコ語など)、中国語、日本語等各地域の文芸および思想を、従来の外国研究、日本研究の枠を越えて総合的に研究しようと願う人々にとって、最適の領域(科目群)です。
  • 文明工学は、文化と経済の干渉する地点で近年続々と生まれつつある新しい職業分野に直接に関わる領域(科目群)です。将来、消費関連のマスコミや、広告会社、企業・自治体などの文化政策プランナー、国際会議などの企画を行うプログラム・オフィサー、文化関係NPO(公益事業所、研究所など)、文化施設・組織などでの仕事に従事することを希望する人々には最適の領域(科目群)です。
  • 言語多文化学は、文芸文明論、文芸社会論などの科目を展開し、文芸創作に関してその社会的意味や流通などを考えながら創作を目指す人にも最適の領域(科目群)です。
  • 文明表象学は、文字を中心とする文化表現媒体では表現されない現代文明の人間現象の理解を深め、その可能性を高め実践活動につなげようとする人にとっても最適の領域(科目群)です。

また、比較文明学専攻は、比較文明学の各分野での研究職をめざす方々ばかりでなく、下記の皆さんのためにも開かれた先駆的な大学院専攻です。

  • 国際機関や国際協力組織、NGO,NPOなどで仕事をしている方々
  • 美術館や博物館で仕事をしている、あるいはしたいと思っている方々、もう少し研究を続けてみたい学芸員の方々
  • 企業内で文化政策や国際交流の仕事をしている、あるいはしたいと思っている方々、自治体で文化政策や国際交流の仕事をしている方々
  • 文化施設、文化組織、文化研究所で仕事をしている、あるいはしたいと思っている方々
  • ボランティアの仕事をじっくり考えたいと思っているボランティアの方々
  • 人権と共生に基づく地域コミュニティの創生を願う方々

ページの先頭へ