比較文明学とは

新たな人文知の地平を開く

比較文明学は、文化現象を個別に論じるのではなく、
人文知の可能性を最大限に探求する場です。
従来の学問領域に限定されない
人文学の総合的な知を養っていきます。

専攻のポイント

人文知の総合力

文学、哲学、表象文化論、文化批評など、人文学の基礎を踏まえつつ、多様な視野と知識の習得を可能にします。

時空を横断する文化研究

現代思想や文芸の動向に触れながら、世界的な座標軸のなかに、みずからの研究を位置付けることを推奨します。

創造的学習・研究を実施

複合領域を学位論文テーマとする創造的学習・研究が可能です。また文芸創作とその流通をも主題とし、創作的文章も学位審査の対象とします。


ページの先頭へ