募金担当
ご挨拶

立教サポート募金がスタート致しました


ごあいさつ
  2014年6月からスタート致しました「立教サポート募金(旧名称:立教学院赤レンガ募金)」は、開始以来、多くのステークホルダーの皆さまからのご支援を頂戴しております。この場をお借り致しまして、厚く御礼申し上げます。
  グローバル化が加速する昨今、立教学院内の各校では在校生が自信と誇りを持って世界にチャレンジしていける環境の整備に着手しております。大学では「スーパーグローバル大学創成支援」の採択、新座中学校・高等学校では「スーパーグローバルハイスクールアソシエイト」の指定を受けるなど、国際的に活躍できる人材育成を目指し、様々な活動を進めておりますが、更なる学院の発展のためには、ステークホルダーの皆さまからのご支援が不可欠であると考えております。
 「立教サポート募金」は、下記のとおり、本学院の国際化推進をはじめとした教学改革・教学環境整備のために使用させていただきます。 今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
神谷理事長
   立教学院理事長
   神谷 昭男



新たな飛躍のために
  情報通信技術の発達とグローバリゼーションの進展によって、私たちはこれまでにない激動の時代を生きています。これに伴って、人類の未来を開く研究を推進し、次の時代を担う世代を育てて社会に送り出す使命を担っている大学には、さまざまな要請と大きな期待が寄せられています。
  立教大学は「キリスト教に基づく教育」を建学の精神とし、創立当初から欧米の大学の伝統であるリベラルアーツ教育と、世界に開かれた国際性の涵養に力を注いできました。グローバル化が加速する現代においては、広い視野と長期的な展望を持ち、自ら問題を発見し解決していく力が必要となります。「Rikkyo Global 24」と題する立教大学国際化戦略は、例えば海外への学生派遣を4年後には現在の倍の2,000名、10年後には全員が卒業までに一度は留学・海外研修を経験することを目指しています。また、留学生受け入れについても、現在の500名を4年後には倍増することによって、キャンパス自体を多彩な文化と知性が行き交う国際的な「広場」へと変えていきます。
 「立教サポート募金」は、大学では主として、このような国際化推進のための奨学金の原資ならびに活動費用の一部として、また首都圏以外の出身者への「自由の学府奨学金」や東日本大震災被災関連支援のために使わせていただきたいと考えております。
  小中高との一貫連携教育も着実に前進しており、立教は21世紀の学校教育の先進的モデルとなるべく、一層の改革を続けています。皆さまのご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
吉岡総長
   立教大学総長
   吉岡 知哉



使 途
「立教サポート募金」では、ご寄付頂く際に使途を選択頂き、皆様のご意志にそったかたちで寄付金を活用させていただきます。

使途

募金概要はこちらからご覧ください

立教サポート募金ご報告はこちらからご覧ください

募金担当

遺言信託制度

免税措置

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.