ホーム>図書案内

新刊案内



甘い漂流

ダニー・ラフェリエール(著)、小倉和子(訳)

藤原書店 (2014/08)


『帰還の謎』がケベックからハイチへの三三年ぶりの「帰還」を主題にした自伝的小説であるのに対して、本書は、話者が一九七六年にモンレアルに到着した直後の一年間の所感を綴ったもので、作家ラフェリエールの原点といってもよい。
ダニー・ラフェリエールはモンレアルに移住する前、ジャン=クロード・デュヴァリエによる独裁政権が続くハイチの首都ポルトープランスで、反対派の急先鋒『プチ・サムディ・ソワール』紙のジャーナリストをしていた。一九七六年夏、同僚が秘密警察員に暗殺され、自らもブラックリストに載っていることを知ると、急遽国外脱出を図る。二十三歳のときのことだった。
分類:翻訳(単訳) 小倉 和子
戻る

このページのトップへ戻る