ホーム>図書案内

新刊案内



新編、不穏の書、断章

フェルナンド・ペソア(著)、澤田直(編訳)

平凡社ライブラリー (2013/01)


「フェルナンド・ペソアの書くものは、実名と異名と呼びうる二つの作品のカテゴリーに属している。…異名による作品は作者の人格の外にある。」―別の名と別の人格をもつ書き手たちの作品群が、ペソアという文学の場で、劇的な空間を開いている。20世紀の巨匠たちの列に最後に加わったポルトガル詩人、ソアレス名義『不穏の書』と、本人名義と複数の異名者の断章を旧版を大きく増補・改訂した新編集で。分類:執筆分担(共著、共訳) 澤田 直
戻る

このページのトップへ戻る