ホーム>提携校・留学

協定校・留学


 国際センターが窓口になっているフランス語圏の協定校としては、パリのINALCO(国立東洋言語文化研究所)、パリ・ディドロ大学、パリ東大学、リヨン第3大学、それにカナダ・ケベック州のシェルブルック大学やケベック大学モントリオール校などがあります。
 しかし、これらの教育機関への留学は全学に開かれたもので、かつ学部生も対象としているので、仏文の大学院生ともなれば、ロータリー・クラブの派遣留学生試験や、フランス、スイス、ベルギー、カナダなどの政府給費留学生試験、また、後期課程在籍者であれば日仏共同博士課程などにも挑戦してほしいところです。さらに、フランスの国立大学は学費が高くないので、自費で行くことも選択肢のひとつです。今ではほとんどの大学がホームページでカリキュラムを公開しているので、情報収集に活用してください。
 今後もフランスあるいはフランス語圏の地域と関わっていこうと思うなら、一度現地で生活して、人々のものの考え方や文化に触れておくのは、研究以上に重要なことです。学年が上がるほど恥をかきづらくなり、研究成果をまとめるよう迫られてくるので、気持ちにゆとりのある、できるだけ早い時期に計画することをお勧めします。
 なお、立教大学には上記3校からの交換留学生も来ています。国際センターの行事に参加して彼(女)らと親しくなることも、貴重な異文化体験になるでしょう。

このページのトップへ戻る