2018年度春季人権週間プログラム
「ブラックバイトの驚くべき実態とその対処法」

INFORMATION

  • 2018年6月29日(金)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 8号館2階 8202教室

大学生の『ブラックバイト』が社会問題化している。賃金未払いやパワハラが後を絶たず、学業に支障をきたすほどの過密なシフトを組まれ、辞めたくても辞められない。やがて心身を壊し、留年や退学にまで至る深刻なケースも出てきている。これまで多くの学生の相談にのり、解決にあたってきた経験をもとに、『ブラックバイト』の驚くべき実態とそれを生み出す社会的背景について、さらに、健全な学生生活を送れるよう、働く時のルールやトラブルへの具体的な対処法について講演する。

講師

NPO法人POSSE事務局長、ブラックバイトユニオン共同代表
渡辺 寛人 氏

NPO法人POSSE事務局長、雑誌『POSSE』編集長、ブラックバイトユニオン共同代表、社会福祉士。3.11以降、仙台POSSE代表として被災者支援に取り組む。共著に『断絶の都市センダイ』(朝日出版)。

詳細情報

名称

2018年度春季人権週間プログラム
「ブラックバイトの驚くべき実態とその対処法」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

人権・ハラスメント対策センター

お問い合わせ

人権・ハラスメント対策センター

TEL:03-3985-3192

イベントレポート