公開ワークショップ「日独共同企画-ドイツの気候変動教育能力開発プログラム」

INFORMATION

  • 2018年5月26日(土)9:30~15:30
    2018年5月27日(日)9:30~15:30
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館1階 第1・2会議室

持続可能性の問題の鍵となる分野、「気候変動」について、その問題を理解し、地域で気候変動の影響に対応・適応できる能力を身につけた人材育成の必要性が求められている。
そこで、本企画では、ESD を用い、能力開発の視点を盛り込んだドイツの先進的な教育手法(ミステリー、未来ワークショップ)をワークショップ形式で体験及び意見交換する。
それにより、能力開発に視点を置いた気候変動教育プログラムの実践の拡大や、日本の現状に沿った教育プログラムの開発を目指す。

登壇者

ドイツ/カールスルーエ教員養成校・地理学部長
トーマス・ホフマン 氏

ドイツ、州立カールスルーエ教員養成校の地理学部長。カールスルーエ大学地理学・地理生態学研究所の地理学教授法講師。ビュールのヴィンデック・ギムナジウムで地理学、歴史学、政治科学、経済学を教える。カールスルーエ地域協議会(学校、試験、教員養成を担当)の地理学コンサルタント。バーデン=ヴュルテンベルク州における ESD に関する先進的学習の講師。州立学校開発研究所の地理学カリキュラム作成委員会委員。「ESD エキスパートネット:ドイツ、メキシコ、インド、南アフリカ」のメンバー。

通訳兼ファシリテーター

本学社会学部・教育研究コーディネイター
高橋 敬子

詳細情報

名称

公開ワークショップ「日独共同企画-ドイツの気候変動教育能力開発プログラム」

対象者

教職員、学生、大学院生、一般

申し込み

  • 事前申し込み 要

メールの件名に「日独ワークショップ参加申し込み」と明記の上、「参加希望日、名前、所属、連絡先(メールアドレス等)を以下のメールアドレスに送付。
各日ともに先着20 名(両日参加できる方を優先)

申し込み先:esdrc@rikkyo.ac.jp

主催

社会学部

共催

ESD研究所

お問い合わせ

ESD研究所

03-3985-2686
E-mail:esdrc@rikkyo.ac.jp

イベントレポート