公開講演会 2018年トランスナショナル・シネマ・シンポジウム 「北朝鮮とコリアン・シネマの現在」

INFORMATION

  • 2018年5月12日(土)13:00~17:10
  • 池袋キャンパス 9号館2階 大教室

コリアン・シネマの現在を理解する上で、北朝鮮は最良の主題である。本シンポジウムは、二つの国で制作される排他的な民族映画だったものが、様々な地域で製作されるグローバル映画として進化したコリアン・シネマの現在について、「北朝鮮」を主なテーマとしてトランスナショナルな観点から考察する。

監督

チョ・ソンヒョン 氏

1966 年韓国釜山市生まれの映画監督。ドイツ・ザールブリュッケンHBKsaar大学教授で映画制作を教える。
延世大学でコミュニケーション論を学んだ後、美術史、メディア学、哲学を学ぶために1990 年にドイツのフィリップ大学マールブルクに留学。
卒業後、ドイツのテレビ局で編集の仕事に携わる傍ら、ミュージックビデオや短編ドキュメンタリー映画の制作を行う。
FULL METAL VILLAGE (2006)は処女作で、いくつもの映画賞を受賞している。
その後、HOME FROM HOME (2009), 11 FRIENDS (2011), FAR EAST DEVOTION (2015)などを制作している。

詳細情報

名称

公開講演会 2018年トランスナショナル・シネマ・シンポジウム 「北朝鮮とコリアン・シネマの現在」

内容

・開会挨拶(13:00~13:10)
浜崎 桂子(本学異文化コミュニケーション学部長)

・講演(13:10~13:40)
「北朝鮮を観るシネマティック想像力」
イ・ヒャンジン(本学異文化コミュニケーション学部教授)

・映画試写(13:45~15:35)
『ワンダーランド北朝鮮』
チョ・ソンヒョン 氏(映画監督、2016、ドイツ・北朝鮮)

・監督とのトークと座談会(15:40~17:00)
チョ・ソンヒョン 氏(映画監督)
イ・ヒャンジン(本学異文化コミュニケーション学部教授)
浜崎 桂子(本学異文化コミュニケーション学部長)
武田 珂代子(本学異文化コミュニケーション学部教授)

・閉会挨拶(17:00~17:10)
イ・ヒャンジン (本学異文化コミュニケーション学部教授)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般、

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

映画試写は先着300名まで。300名を超えた場合「監督とのトークと座談会」より参加可能です。

主催

異文化コミュニケーション学部

後援

みすず書房、ユナイテッドピープル株式会社

お問い合わせ

学部事務4課 異文化コミュニケーション学部

03-3985-4824

イベントレポート