ベネッセコーポレーション共同講座「たまひよカレッジ in 立教大学」2019年春講座

INFORMATION

  • 2019年3月2日(土)9:00~16:30
  • 池袋キャンパス 14号館

社会人教育を実践している立教大学と、妊娠期から育児期の親をサポートし続ける株式会社ベネッセコーポレーション たまひよ事業部が開催する共同講座。立教大学という学びの場を舞台に、子育て中の夫婦が、働き方、生き方、子育てについて学び合い、語り合うことで、生涯を通して活躍していく力(知恵と仲間)を得ることをねらいとしたプログラムを提供することを目的とする。

講師

目白大学メディア学部メディア学科教授
安斎 徹 氏

1984年一橋大学法学部卒業。28年間にわたるサラリーマン生活では、営業・企画・事務・海外・秘書・人事・研修など幅広い業務を経験。20世紀に2週間の育児休暇を取得。働きながら大学院に通い、立教大学で修士、早稲田大学で博士の学位を取得。51歳の時に大学教員に転身、群馬県立女子大学教授などを経て2018年より現職。聖心女子大学非常勤講師。著書『企業人の社会貢献意識はどう変わったのか』(ミネルヴァ書房)、『女性の未来に大学ができること』(樹村房)。

絵本作家
サトシン 氏

大垣女子短期大学客員教授。1962年、新潟県生まれ。広告制作プロダクション勤務、専業主夫、フリーのコピーライターを経て絵本作家に。作家活動の傍ら、コミュニケーション遊び「おてて絵本」を発案、普及活動に力を入れている。絵本の主な作品に「うんこ!」(西村敏雄・絵/文溪堂)、「わたしはあかねこ」(西村敏雄・絵/文溪堂)、「とこやにいったライオン」(おくはらゆめ・絵/教育画劇。「とこやにいったライオン」で第4回児童書担当者が選ぶ子どもの絵本大賞in九州10位、第5回書店員が選ぶ絵本大賞9位。「わたしはあかねこ」で第6回ようちえん絵本大賞受賞。

本学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授・文学部准教授
大熊 玄
本学大学院21世紀社会デザイン研究科教授・社会学部教授
萩原 なつ子

詳細情報

名称

ベネッセコーポレーション共同講座「たまひよカレッジ in 立教大学」2019年春講座

内容

<講座内容>
【午前の部】共働き夫婦のための 育休復帰講座
1.「妻と夫のワーク・ライフ・バランス実践法」
安斎 徹
2.「トークセッション 先輩ママ・パパの24時間」
萩原 なつ子

【午後の部】絵本を通して考える自己肯定感
1.「人気絵本『わたしはあかねこ』から考える子育て・自己肯定感」
サトシン、大熊 玄
2.自己肯定感のある子に育てるための「親の心得」
萩原 なつ子、大熊 玄

対象者

午前の部:育休復帰前の共働き夫婦100組と同伴の赤ちゃん
午後の部:妊娠期から育児期のママやパパ200名と同伴の赤ちゃん

申し込み

  • 事前申し込み 要
  • 参加費 有料

申込締切:2019年2月20日(水)
※ただし、定員になり次第締切です。お早めにお申し込みください。

①ママ+パパ(+子ども)(100組)3,500 円(税込)
②ママ(+子ども)または、パパ(+子ども)(200名)2,000 円(税込)
*子どもは、大人一人につき、1歳6カ月までのお子さん一人。

主催

21世紀社会デザイン研究科・社会デザイン研究所

共催

株式会社ベネッセコーポレーション

お問い合わせ

株式会社ベネッセコーポレーション

21世紀社会デザイン研究科

月~木 11:00~18:00
TEL:03-3985-2181

社会デザイン研究所

月・水~金 11:00~18:00
TEL:03-3985-4725

イベントレポート