公開講演会「カフカ・プロジェクトvol.2『冬のカフカ祭』」

INFORMATION

  • 2019年2月23日(土)12:30~20:00
    2019年2月24日(日)12:30~20:00
  • 新座キャンパス6号館2階 N623教室(ロフト1)、6号館3階N636教室(ロフト2)、スタジオ棟

2017年度に第一回目を行なった「カフカ・プロジェクト」(上演、上映、研究発表、シンポジウム)を継続して、2018年度も行なう。5作品を2日間に分けて上演する。上演作品のうち一つは、ダンサーである砂連尾理本学特任教授によるカフカをモチーフにしたダンス作品であり、佐久間新氏(ジャワ舞踊家)、ほんまなほ氏(ガムラン、臨床哲学、大阪大学准教授)を招聘する。ダンス上演に関するシンポジウムを、砂連尾理特任教授、松田正隆本学教授、大山載吉本学准教授により行なう。その他の作品は、カゲヤマ気象台、額田大志、関田育子(学生との共同制作)三氏による演劇作品と三上亮(アーティスト)と遠藤幹大(映画監督)両氏による展示作品の4作品である。これらの作品について、批評家の佐々木敦氏を招聘し、松田正隆教授、相馬千秋本学特任准教授によるシンポジウムを行なう。

出演者およびシンポジウム登壇者

ジャワ舞踊家
佐久間 新 氏

1968年大阪生まれ。二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワの舞踊家ベン・スハルト氏に出会い、自分のご先祖さまに会ったと確信する。その後、インドネシア芸術大学への留学を経て、現在は伝統舞踊におけるからだのありようを探求する中から「コラボ・即興・コミュニケーション」に関わるプロジェクトを推進中。からだに問いかけることとそこから生まれる言葉で話す「からだトーク」(大阪大学)、障がいある人と新しいダンスを創る「ひるのダンス」(たんぽぽの家・奈良)、マイノリティの人とのダンス映像制作(CROSSROAD ARTS・オーストラリア)等。共著に「ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える」(学芸出版社)。大阪大学、追手門学院大学、立命館大学、神戸学院大学非常勤講師。

ガムラン、臨床哲学、大阪大学准教授
ほんまなほ 氏

ジャワガムラン合奏グループ、ダルマブダヤ、そしてマルガサリのメンバーとして、 伝統音楽から現代作曲家による新作まで幅広いレパートリーの国内外での演奏に出演。現在は歌や詩などの共同創作や教育に取り組む。また、大阪大学COデザインセンター准教授として新しい大学・大学院教育のプログラム創成に従事し、臨床哲学を専門に、哲学対話、こどもの哲学、身体・映像・音楽表現などの教育研究を行う。著書『ドキュメント臨床哲学』、『哲学カフェのつくりかた』『こどものてつがく』(共編著)ほか、『アートミーツケア叢書』を監修。

本学兼任講師
佐々木 敦 氏

1964年生まれ。批評家。音楽レーベルHEADZ 主宰。ゲンロン「批評再生塾」主任講師。文学、音楽、演劇、映画ほか、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。『批評時空間』『あなたは今、この文章を読んでいる。』『シチュエーションズ』『未知との遭遇』『即興の解体/懐胎』『ニッポンの思想』『テクノイズ・マテリアリズム』『ゴダール・レッスン』など著書多数。

本学現代心理学部映像身体学科教授
松田 正隆
本学現代心理学部映像身体学科准教授
大山 載吉
本学現代心理学部映像身体学科特任教授
砂連尾 理
本学現代心理学部映像身体学科特任准教授
相馬 千秋

参加アーティスト

カゲヤマ気象台 氏

1988年静岡県浜松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。東京と浜松の二都市を拠点として活動する。2008年に演劇プロジェクト「sons wo:」を設立。劇作・演出・音響デザインを手がける。2018年より「円盤に乗る派」に改名。2015年度よりセゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。近作に『正気を保つために』(2018)『流刑地エウロパ』(2018)『シティⅢ』(2017、第17回AAF戯曲賞大賞受賞)など。

額田 大志 氏

作曲家・演出家。1992年東京都出身。東京藝術大学在学中に、8人組バンド『東京塩麹』を結成。ミニマルミュージックにテクノやヒップホップなどを内包したサウンドは、NYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と絶賛された。2018年、FUJI ROCK FESTIVALへ出演。 同じく在学中に舞台作品へ傾倒し、演劇カンパニー『ヌトミック』を結成。音楽と演劇をシームレスに行き来しながら活動を続ける。これまでに第16回AAF戯曲賞大賞、こまばアゴラ演出家コンクール2018最優秀演出家賞を受賞。

関田 育子 氏

本学現代心理学部映像身体学科卒。2016年に同学科教授・松田正隆氏が代表をつとめる、マレビトの会のプロジェクト・メンバーとなる。フェスティバル/トーキョー18主催プログラム『福島を上演する』に演出部として参加する。フェスティバル/トーキョー17「実験と対話の劇場」では、演劇作品『驟雨』(作・演出)をあうるすぽっとにて上演した。

三上 亮 氏 / 遠藤 幹大 氏

人の無意識や記憶を扱うアーティスト・三上と、実験的な映像作品を手掛ける映像作家・遠藤が、記憶庫としての「家」を舞台に、不在と現前をめぐるインスタレーションを作り出す共同制作プロジェクト。 主な展示に《Under Her Skin》(2018 音まち千住の緑 仲町の家)、劇作家・演出家の松田正隆との共作《家と出来事 1972-2006年の会話》(2016、さいたまトリエンナーレ)、《ある家についての叙述》 (2016 BankART AIR OpenStudio)などがある。

詳細情報

名称

公開講演会「カフカ・プロジェクトvol.2『冬のカフカ祭』」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 不要
  • 参加費 無料

主催

心理芸術人文学研究所

お問い合わせ

心理芸術人文学研究所

イベントレポート